ここから本文です。

丹後の海の生き物(マダカアワビ)

マダカアワビ クロアワビ

  京都府沿岸には、4種類のアワビが生息しています。大きさの小さいものから順にトコブシ、クロアワビ、メガイアワビ、そしてマダカアワビです。このマダカアワビ、殻長20cmを越え、国内で最大、世界で2番目に大きなアワビです。アワビの仲間は殻の形がよく似ていますが、マダカアワビ(写真左)では、殻にある呼水孔と呼ばれる孔がクロアワビ(写真右)など他のアワビに比べて円錐状に盛り上がっています。
  全国的に漁獲量は少なく、「幻のアワビ」とも呼ばれています。その理由は、もともと資源量が少ないこともありますが、主に水深20mより深い所に生息しているため、漁獲され難いからです。希に浅い場所で目にすることもありますが、アワビや海藻の調査などで周年潜水観察をしている我々でも、年に1個体見るかどうかです。
  刺身でもいただけますが、ステーキや蒸しアワビなど加熱調理したものは、甘みや香りが引き立ち、アワビ類の中で最も美味しいそうです。新鮮なものは、肝も美味だとか。幻の味、一度味わってみたいものです。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
 (平成20年1月16日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?