ここから本文です。

丹後の海の生き物(マイワシ)

マイワシ

  その昔、天橋立近くの海で、黄金の酒だるを舟に乗せ酒盛りをしていると、ふとした拍子に酒だるを海へ落としました。網で拾い上げようとしたところ、酒だるのかわりに黄金に輝くイワシで大漁になりました。大変おいしく「金樽(きんたる)いわし」と呼ばれました。
  こんな伝説の残る丹後のマイワシ。近年、資源の激減のため庶民の味から高級魚へと変身しました。気候の変動によって、マイワシと餌の植物プランクトンの関係が悪化し、稚魚の生存率が悪かったためと考えられています。
  環境要因により変動する現象は「魚種交代」と呼ばれ、周期的に起こるといわれています。日本近海ではマイワシに代わりサワラなどの資源が増えています。

京都府立海洋センター海洋調査部部長 角田孝一(現在、京都府水産事務所)
 (平成17年1月4日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?