ここから本文です。

丹後の海の生き物(マカキ)

 

マカキ

  冬の丹後地方の代表的な味覚としては、松葉ガニとマカキをあげる人も多いことでしょう。
カキの養殖は、紀元前のローマ帝国時代にすでに始まっていました。日本では1600年代の江戸時代に広島湾周辺で、京都府内では明治中ごろから久美浜湾で始められたと言われます。
  このカキと人間との長い付き合いは、単においしいからだけでなく、健康食品として、カキの栄養価が高いことを、昔から経験的に知っていたからではないでしょうか。体の活力の源と言われているグリコーゲンやビタミン、鉄や銅などのミネラル分、また肝臓の働きを助けるタウリンなども多く含んでいます。
  カキなべと熱燗で少々飲み過ぎても、悪酔いしないゆえんでしょう。

京都府立海洋センター所長 桑原昭彦
 (平成16年11月3日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?