ここから本文です。

丹後の海の生き物(マツダイ)

マツダイ

  まるで、生きた化石といわれるシーラカンスを彷彿させる写真の魚は、マツダイといいます。
  この魚は、南日本など世界中の熱帯から温帯の暖かい海に生息し、稀に対馬暖流にのって丹後の海にも回遊してきます。
  幼魚は流れ藻に付き、体を横に向けて枯れ葉そっくりに擬態(ぎたい)して表層を漂い、外敵から身を守りつつ、流れ藻の中の小魚などを効率よく捕食します。そして、成魚になると沖合の深みへ移動し、最長1メートルくらいの大きさになるといわれています。
  マツダイは、古代魚のようなグロテスクな風貌とは裏腹に、刺身やすしネタとして利用できるほどの淡泊な白身魚です。

京都府立海洋センター主任 熊木 豊

(平成19年2月28日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?