ここから本文です。

丹後の海の生き物(メイタガレイ)

メイタガレイ


  メイタガレイは、全長は20センチくらいで、体は菱形です。ぴょっこり出た目の間にある硬い骨の棘が「目痛」の語源です。体表にはヒョウ柄の斑が無数にあり、色素細胞を伸縮させて変幻自在に体色を変え、海底の砂地に身を隠しています。カレイにしては珍しく俊敏で、網が近付くと素早く海底から飛び起き、泳いで逃げていきます。
  日本全国で水揚げがあり、特に関西地方で好まれています。皮などに臭みがあり、調理には腕を要しますが、新鮮なものの刺身は適度な弾力感とほのかな甘みがあり美味です。熱を通すなら煮付けより唐揚げがよく、五枚おろしにして骨も揚げるとおいしいです。
  丹後では底びき網や定置網で漁獲されており、店頭にも並びます。料理人気分でうまく料理してみて下さい。

京都府立海洋センター技師 藤原邦浩
(平成20年7月23日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?