ここから本文です。

丹後の海の生き物(メジナ)

メジナ

   メジナは、丹後地方では一般にツカヤまたはヒコヤ、関西の釣り人にはグレと呼ばれています。幼魚時には内湾の浅瀬に多く群れ、成長すると岩礁域に棲みつき、エビなどの小動物や海藻を食べています。丹後の海で漁獲されるメジナは体長30センチくらいまでのものが多いようですが、大型のものは体長50センチ以上になり、メジナを専門に狙う釣り人のあこがれになっています。
  旬の冬場には、刺身や鍋物など色々な料理法に合い、丹後では焼魚を米と炊くヒコヤ飯が有名です。ちなみに、鮮魚店に並ぶ姿を見ると黒くて地味な印象を受けますが、生きている時の体表面はきれいな濃緑色をしており、実は味だけではなく見た目もよい魚です。

京都府立海洋センター主任 熊木 豊
 
(平成18年12月27日、京都新聞掲載)

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?