ここから本文です。

丹後の海の新「客」・珍「客」(ミドリイガイ)

ミドリイガイ 

 平成24年11月5日、舞鶴湾の青井地先のカキ筏に垂下していた養殖マガキの塊(垂下水深約:1m)の中から、府水産事務所職員が発見し、当センターへ持ち込まれました。発見時の大きさは殻長28.6mmでした。東南アジアなど熱帯原産の二枚貝で、現地では重要な食用種で養殖もされています。一方、昭和50年代以降日本各地でも外来種として見られるようになりましたが、現在外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)で「要注意外来生物」に指定されています。独立行政法人国立環境研究所の侵入生物データベースでは、京都府は移入分布域ではありませんので、今回の発見は貴重なことと考えられます。ただし、水温10度前後が生息限界なので、舞鶴湾の冬を乗り切ることは厳しいのではないでしょうか。

丹後の海の生き物/丹後の新「客」・珍「客」へ

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?