ここから本文です。

丹後の海の生き物(ミズダコ)

ミズダコ

  大型のものは体重30キロ以上、全長3メートルに達し、タコの仲間では最大級です。他の種類のタコと同様に一生に一度産卵をします。産卵後、親ダコは自分の子供を大事に世話し、子ダコが巣立っていくと力尽きて死んでしまいます。寿命は約5年と言われています。
  沿岸にいるマダコと比べて冷水を好むため、沖合の海底に生息しています。丹後では主に底びき網のほか、定置網、カゴでも獲られています。市場に水揚げされた生きたままのミズダコは、魚箱にすっぽり収まりおとなしいですが、海の中では獰猛です。8本の腕を器用に使い、動くものなら何でも襲って食べてしまいます。また、なかなかの知恵者で動きも機敏なため、飼育中の水槽から逃亡して失踪した例もあります。
  ミズダコは肝機能や疲労の回復に効能があるタウリン、新陳代謝を高める亜鉛を多く含んでいる高タンパク、低カロリーな食材です。身が柔らかいので薄切りにし、お刺身、酢だこなどの料理が向いています。

京都府立海洋センター主任 井上太郎 

(平成19年4月18日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?