ここから本文です。

丹後の海の生き物(ニジカジカ)

ニジカジカ


  ニジカジカは、島根県および宮城県以北~北海道の沿岸やオホーツク海に分布します。体に白や茶の水玉模様がみられ、鰭にはくっきりした縞があります。体長は30センチくらいで、大きな口で小魚などを丸飲みします。丹後では笹ガレイなどとともに底曳網で漁獲されます。磯釣りなどでみかけるそっくりのカジカは、近縁種の「ベロ」です。鰓蓋の棘が一本で長ければベロで、ニジカジカは短くて3~6本に枝分かれします。ニジカジカは、春に産卵のため浅瀬の岩礁域へ移動します。雌は雄が作った岩場の縄張りに、びっしり黄色い卵を産み付け、卵はふ化するまで雄によって守られます。
  頭に棘、体にはヌメりがあり、知名度も低い魚ですが、三陸地方では、唐揚げ・煮付け・汁物によいとされる美味食材です。 

京都府立海洋センター技師  藤原邦浩
 (平成20年8月6日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?