ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヌタウナギ)

ヌタウナギ

  ヌタウナギは、体型がウナギ状、体色は茶褐色、目は退化し、あごのない丸い口を持ちます。網にかかった魚を食い荒らすほか、体に触れるとゼラチン状に固まる大量の粘液を分泌するので、漁師さんには、大変嫌われています。
  宮津市栗田地区では栗田穴子といって食用にしますが、府内の他の地域では食用にしません。しかし、韓国では、古くから滋養食として用いられて、丸焼や、ぶつ切りにして鍋に入れて食べるそうです。また、革は加工して財布などの皮革工芸品にされます。
  平成17年から韓国への輸出用に、漁師さんが漁獲をはじめました。しかし、この魚、繁殖力はそれほど強くないようで、資源を持続的に利用できるように、捕り方にも一工夫が必要なのではないでしょうか。

京都府立海洋センター海洋調査部長 角田孝一(現、京都府水産事務所)
(平成18年8月23日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?