ここから本文です。

丹後の海の生き物(シロサバフグ)

シロサバフグ

  丹後では「さんきゅう」の名でとおっているのがシロサバフグです。
  丹後の海にすむフグ類の中で漁獲量が一番多く、9~11月には独特の光沢のある金色をしたこの魚が、市場の一角を占めている風景が見られます。大部分の漁獲物は手のひらよりも小さいサイズです。味は淡白で身離れも良く食べやすいことに加え、値段も安いため鍋物の具材には最適です。
  フグ類の多くが、テトラドトキシンという猛毒を持っていますが、シロサバフグは内臓・筋肉とも無毒です。しかし、フグ類は種類の判別が難しく、無毒の部分が種類により異なるため、素人の調理は禁止されています。
  フグは専門の調理師が加工したものを「サンキュウ」と感謝して、いただきましょう。

京都府立海洋センター主任 井上太郎

(平成19年2月14日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?