ここから本文です。

丹後の海の生き物(ソウハチ)

ソウハチ

  丹後の海では底曳網により約10種類のカレイ類が水揚げされています。水揚量が最も多いのはアカガレイで、その次がソウハチになります。水深100~200メートル付近が漁場となっており、主に春季に多く水揚げされています。
  カレイ類の場合には、標準和名で呼ばれることが稀で、ソウハチもその例外ではありません。一般にはエテガレイと称され、干しガレイの代表種となっています。大きな口を持ち、小魚やエビ類、ホタルイカなどを餌にしています。他のカレイ類と同じように、雌の方が雄よりも大きくなり、全長で25センチを超えるようなものは雌と思って間違いはないようです。
  最近の水揚量は減少傾向にあることから、未成熟な小型魚を保護する取組みが必要と考えられます。

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
(平成18年4月12日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?