ここから本文です。

丹後の海の生き物(タチウオ)

タチウオ


  名前の由来は、銀色に美しく輝く体が「太刀」のようだから。英語ではサーベルフィッシュと呼びますので、洋の東西を問わず刀剣になぞらえているようです。海にいるときは立ち泳ぎなので、そこから「立ち魚」となったという説もあります。
  生きている時のタチウオの表面は、鮮魚店で見るときよりもひときわ輝いています。この輝きの正体は、グアニンという物質で、マニキュアや人造真珠に使われています。
  口には切れ味鋭い多数の歯が生えており、うっかり口に触れてしまい、思わぬ怪我をしたことがあります。釣り針を外すときや、料理をする際には注意しましょう。
  塩焼きや煮付けが一般的な食べ方ですが、新鮮なものの刺身は絶品です。
 
京都府立海洋センター主任   久田哲二
(平成20年9月24日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?