ここから本文です。

丹後の海の生き物(タカノハダイ)

タカノハダイとコウダチタカノハ

  体の表面には規則的な褐色の帯が斜めに通っており、これが鷹の羽をイメージさせることから、タカノハダイと呼ばれています。
  日本近海では、本州中部以南から東シナ海の岩礁域やサンゴ礁に単独で生活し、海藻や甲殻類などを餌にしています。
  日本近海に分布するタカノハダイの仲間には、タカノハダイ(写真上の魚)の他、ユウダチタカノハ(写真下の魚)とミギマキという姿形のよく似た魚がいます。3魚種の見分け方は比較的簡単で、タカノハダイの尾ビレには白い斑点がありますが、他の2魚種にはありません。また、ミギマキの体色は黄みがかっていて唇が赤いことで、ユウダチタカノハとは区別できます。
  丹後の海では、いずれの魚種も普通に見られ、時々定置網などで漁獲されています。独特の磯臭さがあるせいか、食用としての人気はいまひとつですが、体表面のユニークな模様は観賞用として好まれ、水族館などで飼育されることが多い魚です。

京都府立海洋センター主任 熊木 豊
(平成19年9月26日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?