ここから本文です。

丹後の海の生き物(タナカゲンゲ)

タナカゲンゲ

  丹後沖でみられるゲンゲの仲間は約10種で、そのうち食用となっているのはタナカゲンゲとノロゲンゲの2種です。どちらも底曳網でズワイガニなどと一緒に水揚げされています。
  幼魚のうちは茶褐色の横縞が明瞭にみられますが、成長すると横縞は消え、体の上半分と背びれに多くの白色斑が目立つようになります。大きいものは80センチにも達し、幅広の頭に、小さな目、大きな口が特徴的です。
  平安丸の水中ビデオカメラでの観察では、とぐろを巻くようなかたちで、海底にじっと横たわっている姿を目にすることができます。店頭では「キツネダラ」などと呼ばれ、見た目はグロテスクですが、身は淡白な白身で、鍋料理、煮付けなどにすると絶品です。

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
 (平成18年10月4日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?