ここから本文です。

丹後の海の生き物(トコブシ)

トコブシ

  ナガレコとも呼ばれるこの貝は、アワビと言う名は付いていませんが、クロアワビやメガイアワビと同じアワビの仲間です。しかし、他のアワビ類ほど大きく成らず、成貝でも殻長は7センチ程度です。クロアワビと同様に沿岸の岩礁帯に生息していますが、京都府では水揚げされていません。トコブシ漁は関東以西の太平洋側を中心に古くから行われており、種苗を生産して放流している都県もあります。
  形はクロアワビやメガイアワビに似ていますが、殻の表面にある呼水孔(こすいこう)と呼ばれる孔の数が異なります。クロアワビなどでは4~5個ですが、トコブシでは7個前後です。この孔は、呼吸や老廃物の排出、精子や卵を放出するためのもので、成長に伴い新しい孔が開き、一定数の孔を残して古いものから閉じていきます。
  産卵期は他のアワビ類と比べて早く8~10月頃です。この時期にやって来る台風が刺激となって、一斉に放精、放卵を行います。ただし、波の強さや気圧の低下など、具体的に台風の何が刺激になっているかまではわかっていません。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
(平成19年6月27日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?