ここから本文です。

丹後の海の生き物(ワカメ2)

海洋センター海面生け簀に生えたワカメ

  2月半ばのある昼下がり、栗田湾に浮かんだ海面生け簀に出てみました。初春の陽射しが煌めく海面を透かして目を凝らすと、30センチほどの長さに育った褐色の海藻が揺らめいています。年末には目につかなかったのに、大雪の続いたこのひと月半ほどの間に大きく育ったワカメです。昨年の初夏、同じ場所に胞子の出尽くしたメカブ(ワカメの下部でひだひだのボール状になったところ)がついているよれよれのワカメがあったので、季節の移ろいとともに世代交代をしたのでしょう。
  丹後の漁村では、これから5月頃までがワカメ刈りの季節で、磯場に多くの小舟を漕ぎ出し、箱メガネで海底を覗きながら、長い竹竿の先に付けた鎌で根元から刈り取ります。刈り取ったワカメは、水洗いをして乾燥させますが、経ヶ岬をはさんで東と西でできあがりの姿が異なります。東側の若狭湾側では、そのまま縄などに吊して干して「絞りワカメ」に、西側では、竹網の上に薄く拡げて干して「板ワカメ」に仕上げます。いずれも、さっと火で炙って熱いご飯に振りかけて食べると、春の海を感じさせる最高の味です。
  日本人にとって昆布とともにお馴染みのワカメですが、現在流通しているものは養殖ものが大勢を占めています。京都府でも昭和50時代は、養殖と加工の技術普及と改良が図られ、舞鶴湾のほか宮津市、伊根町、丹後町、網野町の外海でも養殖されていましたが、今では舞鶴市大浦半島の一部で行われるだけとなっています。

(平成24年2月29日 中路 実)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?