ここから本文です。

丹後地方で使われている魚名方言集(標準和名→方言)

標準和名から丹後地方の呼び名を見る

  • アイゴ →  一般に「はらくち」。他に「からくち」 (北丹後)、「しばのは」(下宇川)ともいう。
  • アイナメ →  一般に「しじゅう」。他に「もま」(間人)がある。
  • アオザメ →  中浜で「さとり」。
  • アオハタ →  一般に「すい」あるいは「すいいねず」「きいねず」ともいう。幼魚は「きょうげんばこ」
  • アカアマダイ →  「くじ」が一般的。他にその派生語の「ぐじ」、「ぐち」でも呼ばれる。漁連では「あまだい」を併用(混用)。
  • アカエイ →  府下全域で「あかえ(い)」あるいはたんに「えい」。
  • アカカマス →  「かます」が一般的であるが、漁連では大きいものを「しゃくはち」ともいう。
  • アカガレイ →  全域で「まがれい」。
  • アカシタビラメ →  舞鶴で「うしのした」、「べえのした」、湊で「ねんずり」。
  • アカムツ →  全域で「のどくろ」。
  • アカヤガラ →  一般に「やがら」。他に宮津で「くぎうお」、漁連で大きいものを「しゃくはち」ともいう。
  • アサヒアナハゼ →  各地で方言があり、「どぬけ」(宮津)、「あほう」、「どのけ(ん)」、「どんま」(以上伊根あるいは湊)、「もうぐず」(宮津)、「よさごろう」(下宇川)、「とうざ(間人)などがある。
  • アミメハギ →  漁連を除く全域で「すくも」。下宇川で「めっちょう」ともいう。
  • アミモンガラ →  伊根・下宇川で「かたがわ」、「かたがわこんぐり」。
  • アヤメカサゴ →  一般に「あかほこ」、他に「おきぼこ」(伊根)、「がら」(養老)、「どこう」(湊)がある。漁連ではカサゴ類を総称して「もいお」という。
  • アユ →  海産稚アユを「ひいお」ともいう。

  • イカナゴ →  一般に「こうなご」。まれに「おおなごさ」(宮津)、「おおなご」(伊根)ともいう。
  • イサキ →  「えさき」が一般的であるが、漁連その他では標準和名の「いさき」も使用。
  • イシガキダイ →  「なべわり」(田井)、「かたかわ」(伊根・新井崎)、「ちゃがら」(蒲入)他に「いしがき(だい)」が一般的。
  • イシダイ →  小さいものを「ちいばあ」、「ころば」、「ころばん」「ちょんころば」、「ちょうめんころば」などと呼び、普通ないしは大きいものを「たかば」という。
    他に「でんでくろ」、「でんでんぐろ」、「さんばそう」(湊、久美浜)あるいはたんに 「しまだい」と呼ぶ傾向がある。
  • イッテンアカタチ →  伊根で「かかのひも」、「かごのひも」、漁連で「あかひも」という。
  • イトマキエイ →  一般に「いとまき」。他に「からす」(野原)、「わくえい」(田井)がある。
  • イトヨリダイ →  一般に「いとより」であるが、伊根では「よひ」ともいう。
  • イボダイ →  一般に「よよし」ないしは「しず」であるが、湊では「すべろ」ともいう。

  • ウスバハギ →  一般に「うま(づら)」。最近では「うちわはげ(はぎ)」ともいう
  • ウスメバル →  一般に「こむぎ」、「おおむぎ」ないしは「むぎ」。江尻・伊根では「おきめばち」ともいう。
  • ウマヅラハギ →  一般に「ながこぐり」、「ながこんぐり」、「ながり」、「ながはぎ」。さらに「うちわ(はぎ)」(田井)、「うま(づら)」(北丹後)、「こぐり」(野原)、珍しいもの  では「かぼちょう」(間人)ともいう。
  • ウミタナゴ →  全域で「たなご」。
  • ウルメイワシ →  一般に「うるめ」、「どうきん」と呼び、 他に「おおどうきん」(田井)、「めんたまいわし」(下宇川)がある。
    大どうきん:20cm、中どうきん15cm、小どうきん~10cm

  • エイ類(小型) →  宮津で「さだら」。養老で尾に毒棘の無いものを「さだら」、毒棘のあるものを「えい」と呼び分けている。
  • エビスダイ →  一般に「よろいだい」。他に「はこうお」(舞鶴)、「きんぎょ」(養老・湊)ともいう。

  • オオクチイシナギ →  一般に大きいものを「どうこう」、小さいものを「あら」という傾向がある。
  • オキアジ →  全域で「ひらあじ」。
  • オキトラギス →  養老で「あかとらぎす」。
  • オキヒイラギ →  「えのは」が一般的であるが、「し(い)のは」という場合もある。
  • オニオコゼ →  全域で「おこぜ」。
  • オハグロベラ →  伊根で「めくさん」、「めつ」、「めっこえだい」、「めっしょんべくろ」、「とうげのばさ」などと名称が多い。他に田井で「へあこら」、湊で「ぶんじ」、漁連でたんに「べら」という。

  • カイワリ →  全域で「ひらあじ」。
  • カガミダイ →  一般に「ぎんばと」、江尻ではたんに「ばと」ともいう。
  • カサゴ →  一般に「がな」、「がら」、「もいお」という。田井では「あなねばち」ともいう。
  • カサゴ類 → 「もいお」(漁連)。「あなぼこ」(伊根、新井崎)、「がらがら」(蒲入)。
  • カサザメ → 養老で「すき」、「すきのさき」。
  • カスザメ → 「えんね」、「えんねい」、「えんねん」が一般的であり、他に「いんねい」(伊根)、「とびえいつ」(浜詰浦)がある。 
  • カタクチイワシ → 全域で「たれ」、「たれくち」。大たれ:12~13cm、中たれ:10~12cm、小たれ:~5cm
  • カツオ → 一般に「すじがつお」。他に「はがつお」(舞鶴)、「きつねがつお」(田井)、「たてまだら」(江尻)、「すじ」(伊根)、「ほんがつお」(漁連)ともいう。
  • カナガシラ → 「ばち」が一般的。他に「がしら」(湊)、「かな」(漁連)がある。
  • カマスサワラ → 全域で「てっぽう」。
  • カワハギ →  一般に「こんぐり」、「まる」、「まるこん」、「まるこ(ん)ぐり」、「まるり」と呼ばれる。他に「まるはぎ」(漁連他)、「いとまき」ないしは「いとまきこんぐり」(田井・野原)、「ちゅうかあ」(蒲入)、「ちゅうこう」(湊)、「めちょ」(下宇川)、「もまじゅう」(浜詰浦)、「さんかく」(間人)がある。
  • ガンギエイ類 →  「かすべ」およびその類似語の「かすべた」、「かせびた」、「かせぶた」「かせべた」(古称)が一般的である。他に「なべぶた」、「さだら」(宮津・養老)、「すえ」(伊根)、「こっペ」(蒲入)がある。
  • ガンゾウビラメ (タマガンゾウビラメ) →  「げいしゅがれい」、「しょうまきがれい」(湊)、「ぼうじ」(舞鶴・漁連)、「ぼうじょう」(宮津)、「ばばがれい」(江尻)、「ばばびた」(養老・伊根)、「ぴた」(漁連)と多い。
  • カンパチ →  一般に「だいりき」。他に「ぼうじ」(大型、養老)、「あかばり」(間人・浜詰浦)、「あかびら」、「あかびろ」(湊)、さらに小さいものを「あかはち」(下宇川)ともいう。

  • キアンコウ →  「あんこう」が一般的。他に「あん」、「つちあんこう」(舞鶴)、「みずあんこう」(舞鶴・養老)ともいう。
  • キジハタ →  一般に「いねず」、「よねず」。他に「よわず」(舞鶴)、「わかみず」(湊)、「あこう」(舞鶴・漁連)、「あかいねず」(江尻)ともいう。
  • キダイ →  一般に「あかめ」、「れんこ」。他に浜詰浦で「ばんじろ」。
  • キツネメバル →  田井で「きっこめばち」、漁連で「もいお」。
  • キヌバリ →  舞鶴で「はちまき」、伊根で「はちまきてん」、「おちゃのかか」、新井崎で「きんしゅう」、蒲入で「こうしん」、江尻で「しまぐず」という。
  • キュウセン →  以下のように各地で多くの方言がある。田井:あおあこら(雄)、すじあこら(雌)野原:あおあじ(雄)、舞鶴:あおやぎ(雄)、あからこ(雌)、えぼだ(ベラ類一般)。
     宮津・養老:やぎ(ベラ類一般)
     宮津・江尻:あおじょう、新井崎・蒲入:あおじょろ(雄)。
     宮津・江尻:あかじょう、新井崎・蒲入:あかじょろ(雌)。
     伊根:もんじゃく、もんじゃん、あおじゃく(雄)。
     伊根:じんじゃく、しまじゃく、じやん(雌)。
     間人:あつこじ、よめさんがっくり(雄)。
     間人:よめさんあなも(雌)。
     湊:あおべら(雄)。
     湊:ぶんじ(雌)。
     浜詰浦:じゅうぐま(雌)。
     下宇川:あおじょうがめ(雄)。
     下宇川:じょうがめ(雌)。
     漁連:べら(ベラ類一般)。
  • キントキダイ →  一般に「きんめ」、さらに田井で「みょうじょう」、北丹後で「ひのした」ともいう。
  • ギンポ →  一般に「なんぎり」あるいは「げんない」であり、それらの派生語として「のんぎり」、「かたなぎり」、「がた」、「きりぞう」、「げんねい」などがある。その他に「ねぶら」(宮津)、「めぐら」(江尻)、「かったん」、「おきかったん」(宮津・伊根)、「なが」(湊)がある。

  • クエ →  間人・下宇川で「あすなろ」、宮津・蒲入で「どうかん」、新井崎・湊・漁連で「もうそう」、ただし漁連では近年「くえ」と呼ぶ。
  • クサフグ →  一般に「もぶく」ないしは「もうぶく」、さらに舞鶴・伊根で「あかめ(ふぐ)」と  もいう。
  • クジメ類 →  一般に「しじゅう」。他に「いたち」、「どんま」、「きっこう」、「あぶらめ」、「もましじゅう」、「もいお」などがある。
  • クラカケトラギス →  一般に「とらぎす」。他に湊で「ぐず」。
  • クロウシノシタ →  一般に「うしのした」。他にその派生語としての「した」、「べえのした」、「ねんずり」あるいは「せきだ」がある
  • クロカジキ →  一般に「かじき」、「くろかわ」。他に舞鶴で「さす」。
  • クロソイ →  一般に「くろがんな」であるが、「くろがな」(中浜)、「くろそう」(湊)、「かんな」、「そい」(宮津)、「はと」(間人)、「もいお」(漁連)ともいう。
  • クロダイ →  一般に小さいものを「ちぬ」、成魚を「へいず」、「くろ(だい)」という。江尻では「ちんだい」。
  • クロマグロ →  全域で「しび」。他に舞鶴で「よこわ」伊根で「よえう」、小・中型のものを「よこわ」「ひっさげ」という。成長に応じて一般に以下のように呼んでいる。
     「しびご(~1kg)→よこわ(2~3kg)→ひっさげ(4~6kg)→ちゅうしび(20~30kg)→おおしび(50~300kg)」。

  • コクチイシナギ →  全域で「おおいお」。
  • コショウダイ →  一般に「えのみ(だい)」あるいは「よのみ(だい)」、「よのめだい」。
  • コノシロ →  一般に小さいものを「つなし」、成魚を「このしろ」という。他に伊根では「はんだ」、
  • コブダイ →  漁連では小さいものを「かんな」、「こはだ」ともいう。「むくじ」あるいは「だいこく」が一般的であるが、それらの派生語として「もくじ」(伊根)、「いぬぐじ」(浜詰浦)、「だいこくさん」がある。
  • ゴマサバ →  「もんさば」、「もんこさば」、「こもんさば」が一般的であり、漁連ではたんに「ごま」ともいう。
  • ゴマソイ →  「くろがら」(田井)、「もいお」(漁連)。
  • ゴマフグ →  「さばふぐ」が一般的であるが、他に「すなふぐ」(中浜)、たんに「ふぐ」(伊根)ともいう。
  • ゴンズイ →  舞鶴・漁連で「ぎぬ」、舞鶴で「ぎぬぎに」、宮津で「からかみ」、伊根で「からがき」、「からかせ」、養老で「からかぎ」、「からかけ」、蒲入で「かみつき」、湊で「ぎぎ」、浜詰浦で「ようだちうお」、間人で「かりもん」という。

  • サカタザメ →  「すき」あるいは「すきのさき」が一般的で、それらの派生語として、「すきぎめ」、「いそすきのき」(宮津・江尻・伊根)、「くわのすき」(湊)などがある。
  • ササノハベラ →  各地で以下の方言が多くみられる。「あかあこら」(田井)、「あかだぼ」(舞鶴)、「じょう」(ベラ類一般、宮津)、「やぎ」(江尻)、「しお」、「こじょ」(小型)、「おおじょ」(成魚)(以上伊根、蒲入)「しおやき」(新井崎)、「ぐんじろう」(間人)、「ぶんじ」、「ぶんじろう」(浜詰浦・湊)、「しおから」
     (ベラ類一般、下宇川)、「べら」(ベラ類一般、漁連)。
  • サッパ →  「かんな」(舞鶴)、「はんだ」(宮津・江尻)、「つなし」(漁連)。
  • サバ →  一般に「さば」
    大サバ30~40cm、中サバ20~30cm、メサバ20cm前後、サバ仔5cm
  • サバフグ →  全域で「あかめ」。他に「もぶく」(新井崎)ともいう。
  • サメ類 →  一般に「わに」
  • サヨリ →  「さより」が一般的であるが、まれに「すず」、「よど」ということもある。
  • サワラ →  小さいものを「さごし」といい、成魚は「さわら」。

  • シイラ →  たんに「しいら」が普通であるが、蒲入では雄を「あたまいかり」、下宇川では雄を「おじいら」、雌を「めじいら」、宮津では30cmぐらいまでのものを「なたまめ」という。また養老では成長に応じて「かみそり」(~10cm)→「せった」(~30cm)→「しいら」(30cm~)と呼び分けている。
     他に小さいものを「さんぺい(三平)」という
  • シマイサキ →  一般に「うたうた(い)」、「うとた」。伊根では「うたた」ともいう。
  • ショウサイフグ →  全域で「もぶく」、まれに舞鶴で「すぶく」ともいう。
  • シロウオ →  一般に「いさざ」。
  • シロカジキ →  「まさす」(田井)、「しろかじき」(舞鶴)、「しろいお」(栗田・伊根)、「しろ」(蒲入)、「しろかわ」(漁連)。
  • シロギス →  「ほんぎす」(舞鶴)、「てっぽう」(大型、宮津)以外はたんに「きす」。
  • シログチ →   宮津で「くつ」
  • シロサバフグ →  一般に「さんきゅう」。田井・舞鶴では「きんぶく」ともいう。
  • シロシュモクザメ →  一般に「かせわに」。他に「かねたたき」(栗田)、「かさぎめ」(間人)、「しもくざめ」(浜詰浦)ともいう。

  • スケトウダラ →  全域で「すけそう」。他に下宇川で「ぼうだら」、間人で「ずいぼ」、漁連で「むしだら」。
  • スズキ →  全域で小さいものを「せいご」と呼び、それ以外は「すすき」。遊漁関係では成長に応じて「せいご」→「はね」→「すずき」と呼び分けている。
  • スズメダイ →  一般に「もぶし」でとおっており、それから派生した「もうぶし」(江尻)、「もぐし」(養老・新井崎)、「もばし」(蒲入)、「もませ」(浜詰浦)、さらには「おせんごろし」(新井崎)、「しりびかり」(下宇川)、「たんごし」(間人)がある。
  • スミツキアカタチ →  「あかひも」が主に使われており、他に「ひばいお」(江尻)、「ひもいお」(宮津)、「きょうのひも」(養老)、「かごのひも」(伊根)、「はおりのひも」(湊)などがその派生語としてそれぞれに混称されている。

  • セトウシノシタ →   「うしのした」が一般的である。他に「せった」、「べえのした」(舞鶴)、「せきだがれい」(間人)、「ぞうり」、「わらじ」(湊)とも呼ばれている。

  • ソウハチ →  全域で「えて」。

  • ダイナンウミへビ →  「せんがん」が一般的であるが、他に「ひゃっかん」(舞鶴)、「うみへび」(田井・舞鶴)、「まんがんじ」(湊)がある。
  • ダイナンギンポ →  「げんない」ないしは「なんぎり」が一般的である。他に「ねぶら」(養老)、「のみぎり」「かったん」(伊根)、「がんどう」、「ぎりぞう」、「ずいぼう」(湊)がある。
  • タカノハダイ (ユウダチタカノハ、シギマキ) →  全域で「やまどり」
  • タケノコメバル →  「きっこう」、「きこう」がやや一般的であるが、地域により「あなめばち」(田井)、「そい」、「くろも」(宮津)、「もいお」(漁連)などともいわれている。
  • タチウオ →  全域で「たち」、「たちうお」。さらに小さいものを「びんたち」(養老)、「ひもたち」(北丹後)ともいう。
  • ダツ →  全域で「なぐり」、他に「なごり」(宮津・伊根)、「なんぐり」(湊)、「ばいた」(養老)、「かたな」(雌、下宇川)、「あんぎり」(新井崎)、「まるた」(大型、漁連)がある。
  • タナカゲンゲ →  舞鶴で「きつねだら」、「きつね」。他に「ばばあ」、「ばばー」ともいう。

  • チカメキントキ →  一般に「きんめ」あるいは「みょうじょう」、他に「ひだい」(間人)、「ひのした」(浜詰浦・湊)がある。
  • チダイ →  「ちだい」が一般的であるが、他に「げんご」(舞鶴)、「ちこ」(漁連)、「こだい」(宮津)、「まこだい」(伊根)、「しろこだい」(下宇川)、「へいはち」(湊)lとも呼称されている。
  • チャガラ →  伊根で「おちゃのかか」、「ぎみっちょ」、「はちまきてん」。

  • ツクシトビウオ →  全域で「かくあご」あるいは「かくとび」。
  • ツノザメ →  「つのざめ」が一般的であり、さらに「わに」(蒲入)、「はりつのじ」(舞鶴)、「こわ」(伊根)、「しらふかざめ」(間人)「ふか」(漁連)ともいう。
  • ツバクロエイ →  「すえ」(舞鶴・漁連)、「はばびた」(伊根)、「はすえい」、「はすのは」(舞鶴)、「とうべい」(湊)などがある。
  • ツムブリ →  「きゅうり」、「きつね」(舞鶴方面・漁連)、「なみくぐり」(養老・伊根・漁連)、「なみきり」(養老・蒲入)、「しおきり」(蒲入)という。

  • テンジクダイ →  全域で「いしもち」。

  • トウゴロウイワシ →  「とうごろう」(宮津・江尻・漁連)、「すくも」(間人)。
  • トゴットメバル →  「むぎ」ないしは「こむぎ」が一般的。他に「しまこむぎ」(浜詰浦)、あるいはたんに「めばる」(伊根・漁連)とも呼ばれている。
  • トラギス →  漁連を除く全域で「とら(ぎす)」。
  • トラフグ →  「くまたか」が一般的。他に類似の「くま」、「くまさか」があり、さらに江尻・伊根で「ちょうはん」、漁連で「とら(ふぐ)」ともいう。
     →  

  • ナヌカザメ →  一般に「ねこざめ」「ねこ」 サメ類は「わに」、「ふか」、「さめ」と総称されているが、宮津・江尻では「もた(ざめ)」、間人では「もたざめ」、湊では「とらわに」ともいう。

  • ニギス →  全域で「おきぎす」。他に伊根で「こぎす」(小・中型)、「てっぽう」(大型)、「ちょうせんぎす」、漁連で「にぎす」という。

  • ヌタウナギ →  「ぬた」(舞鶴・漁連)、「どろんぼ」(舞鶴)、「どろばう」(江尻)、「すなあなご」(湊)、「どろすい」(養老)、「ぬる」(新井崎)、「どちあなご」(舞鶴)ともいう。「くんだあなご」(栗田)

  • ネズミゴチ類 →  以下のように名称が多い。「こち」(舞鶴・浜詰浦)、「でごち」(宮津・江尻)、「えごら」(舞鶴・新井崎)、「えがら」(伊根)、「しょんべんたれ」(舞鶴)、「がっちょう」(江尻)、「しゃごち」(伊根)。 「えごら」が一般的であるが、「ごち」(養老)、「ぬらごち」(湊)、「めごち」(漁連)ともいう。
  • ネズミザメ →  伊根で「ねずみ」。

  • ノコギリザメ →  伊根で「のこぎり」。
  • ノドクサリ →  「ネズミゴチ」の項
  • ノロゲンゲ →  「ぶる(ぶる)」(舞鶴底曳)、「のめ」(湊)、「ろーそく」(蒲入)。「どぎ」(北丹) 

  • ハオコゼ →  「けら」が多く使用されているが、他に「あから」(湊)、「せいのこ」、「ちどり」(田井)、「はなおこぜ」(間人)もある。
  • ハガツオ →  一般に「きつね」あるいは「すじ」。「きつねがつお」、「すじがつお」ともいう
  • ハコフグ →  「からとふぐ」(養老・伊根)。
  • バショウカジキ →  一般に「ばれん」。その他に「びょうぶ」(田井)、「てんぐ(かじき)」(江尻・養老)、「かじき」(カジキ類、宮津)、「きんざい」(小型・養老)ともいう。
  • ハゼ類 →  一般に「ぐず」、舞鶴で「でこんぽ」。
  • ハタハタ →  以前は「おきあじ」(古称)と呼ばれていたが、近年は「はたはた」が一般である。他に「はた」(間人・網野)「おおよ(う)」(下宇川・間人)、「まめあじ」、「ねこまたぎ」(下宇川)ともいう。小型は「じんたん」(全域)
  • ハツメ →  「おきめばち」(蒲入)、「あから」(舞鶴・間人)
  • ハモ →  「はも」、「たつはも」が一般的。さらに舞鶴で「あなご」、「まはも」、湊で「ほんはも」、伊根では「たかのくち」ともいう。
  • ハリセンボン →  全域で「はりふぐ」。舞鶴で「すずめふぐ」ともいう。

  • ヒイラギ →  全域で「しのは」ないしは「ぎち」。さ
     らに舞鶴で「しなは」ともいう。
  • ヒメ →  舞鶴で「さぎのう」、伊根で「ひめ」、
     「おきどんま」、北丹後で「いとより」、
     「とら」、漁連で「さぎ」ともいう。
  • ヒメジ →  「いとより」ないしは「ひとぼし」が一
     般的であるが、他に「いとくり」(宮
     津・伊根・蒲入)、「ひめ」(間人)がある。
  • ヒラソウダ →  全域で小さいものを「ろうそく」、大
     型魚を「そうだ」という。養老では「と
     うみょう」(~15cm)→「ろうそく)(15
     ~20cm)→「そうだ」(成魚)と呼び分け
     ている。
  • ヒラタエイ →  「えい」あるいは「あかえい」が一般的
     であるが、宮津では「なべぶた」、北
     丹後では「うしえい」ともいう。
  • ヒラマサ →  全域で「ひら」ないしは「ひらす」。他
     に下宇川では大型魚を「しお」ともい
     う。
  • ヒレグロ →  一般に小さいものを「べと」という。
     他に舞鶴では大型魚を「べらんす」、
     「くろがれい」、宮津・江尻では「みみ
     ぐろ」、伊根では「べたがれい」、間人
     で「くろがれい」、湊で「やまがれい」
     ともいう。
  • ビンナガ →  一般に「びんちょう」。

  • フグ類 →  伊根で「でんばんふぐ」(古称)。
  • フサカサゴ類 →  「おこぜぼこ」(伊根)、「じゅばあ」(浜詰浦)、「おこぜどこう」「おにどこう」(湊)あるいは「もいお」(漁連)という。
  • ブリ →  成長に応じて一般に次のように呼ばれている。
     「いなだ」又は「あおこ」(~5、6cm)→つばす(~30cm、~500g)→はまち(~50cm、~2kg)→まるご(~65cm、~4kg)→小ぶり(~70cm、~6kg)→中ぶり(~
     90cm、~8kg)→大・特大ぶり(90cm~、10kg~)」。以前は「はまち」の代わりに「わくお」、「わくよ」、「わくいお」あるいは「わっこ」が使われていた。

  • へダイ →  「へいず」が一般的であるが、他に「へず」(江尻)、「しらへじ」、「おきづかい」(伊根)、「きびれ」、「ぎんだい」(湊)がある。
  • ベラ類 →  総称として「えぼだ」(舞鶴)、「じょう」、「やぎ」(宮津)、「しお」(蒲入、)「しおから」、「じ ょうがめ」(中浜)、「べら」(漁連)が ある。

  • ホシザメ →  「ほし」ないしは「ほしつのじ」が一般 的であるが、他に「まつのじ」(舞鶴底曳)、「ほしざめ」(間人)、「ほしぶか」(下宇川)、「わに」(伊根)ともいう。
  • ホソトビ →  一般に「あご」、「とび」、「まる(あご)」、「まる(とび)」。
  • ボラ →  普通、標準和名の「ぼら」で呼んでいるが、宮津では「まぼら」ということもある。

  • マアジ →  一般に小さいものを「じんた」。舞鶴では「じゃみ」、蒲入では「まめあじ」。それ以外はたんに「あじ」。「じんた」「あじ仔」2-3cm、「スーパー」「小アジ」「豆アジ」10-15cm「中小アジ」15-20cm、「大アジ」20cm~
  • マアナゴ →  一般に「はも」。他に「たつはも」、「どろはも」(田井)、「うなぎ」(江尻)、「あなご」(蒲入・漁連)がある。
  • マイワシ →  全域で「いわし」。他に伊根では「まいよ」、小さいものを「ひらご」ともいう。
  • マエソ →  一般に「えそ」。
  • マガレイ →  「くちぼそ」(舞鶴・間人・網野)マコガレイと区別しない。
  • マコガレイ →  「くちぼそ」が一般的である。マガレイと区別しない。田井で「かれい」、湊で「あまがれい」、舞鶴で「しろもち」、宮津・養老で「のりもち」ともいう。
  • マゴチ →  全域で「こち」。さらに養老で「すごち」。
  • マサバ →  全域で「さば」。
  • マダイ →  全域で「たい」。さらに伊根・漁連他で小さいものを「しゃり」という。
  • マツカサウオ →  田井で「よろいどうし」、舞鶴で「はこうお」、野原で「はこのうお」、宮津・北丹後で「まつかさ」、養老・伊根で「まよけ」、近年は「でんきうお」(伊根)、湊で「きんぎょ」ともいう。
  • マトウダイ →  「ばと」、「ばとう」が一般的であるが、それから派生した「ばっとく」(浜詰浦)や「かねたたき」(浜詰浦)、「もんつき」(舞鶴・養老)がある。
  • マハゼ →  「でこす」、「でこんば」(舞鶴)、「てかみぐず」(宮津・江尻・伊根)、「かなぐず」(湊)がある。
  • マハタ →  「なめら」が一般的であるが、他に「きょうげん」(江尻)きょうげんばこ」(~15cm、養老・伊根)、「どうかん」(伊根)、「どうがん」(~50cm、養老)、「もうそう」(50cm~、養老・下宇川)がある。
  • マルアジ →  全域で「あおあじ」。舞鶴では「むろあじ」ともいう
  • マルソウダ →  全域で「そうだ」あるいは「ろうそく(小型)」、他に蒲入で「ずんぐ」ともいう。養老でヒラソウダと同様に「とうみょう」(~15cm)→「ろうそく」(15~20cm)→「そうだ」(成魚)。
  • マンボウ →  「まんぼう」が一般的であるが、それから派生した「まんばら」(下宇川)、「まんざい」(蒲人)がある。古くは「ふなび」が一般的であった。

  • ミギガレイ →   「あぶらがれい」(舞鶴)
  • ミシマオコゼ →  「ぎぬ」、「きはっそく」が一般的であるが、田井では「ぎんどばち」、蒲入では「きわそこ」、湊で「おつね」ともいう。
  • ミノカサゴ →  田井で「ぎんどばち」、宮津で「かさご」、伊根で「おこぜもんどう」という。

  • ムシガレイ →  全域で「みずがれい」。他に「ぎんど」(野原)、「やまぶし」(宮津・江尻)、「いそがれい」(湊)、「もんがれい」(間人)がある。
  • ムシフグ →  宮津で「あかめふぐ」。

  • メイタガレイ →  「めだか(がれい)」、「めいた」が一般的。ほかに「まつば(がれい)」(舞鶴漁連)、「えてがれい」(宮津)、「さんかく」(間人)などともいう。
  • メゴチ →  養老で「さごち」、伊根で「しゃごち」湊で「そうれんごち」、漁連で「えごら」という。
  • メジナ →  「つかや」(成魚)、「ひこや」(幼魚)が一般的他に「ぐれ」(野原他)、「かんざぶろう」(大型、養老)、「かんしろう」(大型、養老・伊根)、「てんてんご」(北丹後)がある。
  • メダイ →  一般に「たいしょううお」。他に「ずべら」(舞鶴)、「ぐるま」(伊根)。
  • メナダ →  一般に「しくち」ないしは「ぼら」。
  • メバル →  「めばち」が一般的であるが、他に「ねばち」(養老)、「ちゃねばち」(田井)、「まんばち」(舞鶴)、「もいお」(漁連)がある。

  • ヨロイメバル →  舞鶴で「がしら」、「がらがら」、「めばち」、江尻で「がら」、湊で「がな」、漁連で「もいお」という。

  • ヤマトシビレエイ →  舞鶴・養老で「でんきえい」。
  • ヤナギムシガレイ →  全域で「ささがれい」、他に伊根ではほそくち」ともいう。

  • ヨウジウオ →  養老で「さす」、「さしうお」。
  • ヨメゴチ →  舞鶴・新井崎で「えごら」、江尻で「べごち」(小型)、「えがら」(大型)という

  • リュウグウハゼ →  漁連で「とら」。

  • ワニエソ →  全域で「えそ」。

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?