ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヨシエビ)

ヨシエビ


  見た目の綺麗さはクルマエビに負けますが、値が安く甘みがあってフライ向きの大変美味しいエビです。黄土色がかった体色で、体表に短い毛が生えてザラザラしており、丹後ではシラサと呼ばれています。その名のとおり小さいうちは、ヨシの生えているような河口域で生活し、漁場もクルマエビより内湾の泥気の多い所です。
  寿命は約1年で、体長13cmくらいに成長し、5~7月頃、主に舞鶴湾など内湾のエビ刺網漁で水揚げされます。
  内湾の重要なエビで、昭和50年代には、京都府水産事務所が稚エビを生産し、漁師さん達が中間育成して放流する取組が行われました。 近年は環境の変化や刺網をする漁師さんの減少等により、魚市場でも見ることが少なくなりました。エビ等が育つ内湾の環境を守っていきたいものです。 

京都府立海洋センター海洋調査部長   中路 実
(平成21年3月27日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?