ここから本文です。

丹後の海の生き物(ズワイガニ 1)

ズワイガニ

  ズワイガニは山陰地方では松葉ガニと呼ばれ、その上品な味と姿の美しさから、冬の味覚の王者と称されています。特に、雄の「カニみそ」と呼ばれる肝膵臓(かんすいぞう)は絶品です。
  ズワイガニは水深200~400メートル、水温0~2度の光も届かないような海底に生息しており、10回以上も脱皮を繰り返して親ガニになります。カニの横歩きとよく言いますが、実はズワイガニは前にも歩きます。
  コッペとかセコとか呼ばれる雌ガニは、雄に比べて体は小さいですが、立派な親ガニです。丹後地方で、昔はコッペをおやつ代わりに食べたという人がたくさんいますが、資源管理が進んで、近い将来にまた夢物語が実現することを願っています。

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑淳
(平成16年11月17日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?