ホーム > 京都府レッドデータブック2015

京都府レッドデータブック2015

文字の大きさ

トップページ野生動物鳥類 > コクマルガラス

鳥類のアイコン鳥類
スズメ目 カラス科

コクマルガラス

Corvus dauuricus
京都府カテゴリー

準絶滅危惧種

2002年版 準絶滅危惧種 2002年版を参照する
環境省カテゴリー なし
コクマルガラス

掲載項目の解説をみる

選定理由

冬鳥として府内で越冬する。越冬個体数は少ないが、近年減少はしていない。

形態

全長33cm。小型のカラスで嘴が短い。淡色型と暗色型がある。淡色型は後頸、頸側、胸、腹は白い。暗色型は、後頸と頸側が黒淡色。

分布

東アジアの高中緯度帯で繁殖し、中国南部などへ渡る。国内では主に九州地方に渡来するが、近年ミヤマガラスとともに越冬地が東へ拡大している。府内でも巨椋干拓地で越冬が確認されている。

◎府内の分布区域 南部地域。

生態的特性

平地の広い農耕地が主たる生息地である。昆虫などを採食する。冬はミヤマガラスの群中に混じっているのが普通。

生息地の現状

府内では巨椋干拓地で越冬するミヤマガラスの群れの中に少数が混じっている。

必要な保全対策

越冬環境のモニタリングを進める必要がある。

文献 日高(監)(1997)、京都府(1993)、高野(1982)

執筆者 須川恒、和田岳

トップページ野生動物鳥類 > コクマルガラス

京都府レッドデータブックに掲載されている野生生物や地形・地質、生態系などに関する情報がありましたら、情報提供フォームからお寄せください。

情報提供フォーム

お問い合わせ先:京都府環境部自然環境保全課
TEL:075-414-4706 FAX:075-414-4705
E-Mail:shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ページの先頭に戻る