ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ環境・自然・動植物京とあーすレッドデータブック

階層ナビゲーション
 ボタン野生生物種を見る   ボタン地形・地質・自然現象を見る   ボタン自然生態系を見る   ボタン 検索 

 トップページ > 野生生物種 > 種子植物 > ケヤマウコギ(オニウコギ)
ケヤマウコギ(オニウコギ) Acanthopanax divaricatus (Siebold et Zucc.) Seemann

+ 基礎データ +

項目の解説.....
分類群 種子植物
科名 ウコギ科



+ カテゴリー +

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)
京都府カテゴリー 準絶滅危惧種
環境省カテゴリー なし
近畿レッドデータブックカテゴリー 準絶滅危惧種


+ 詳細 +

項目の解説.....
選定理由 府内では分布域は広いが、個体数(株数)は少ない。
形態 浅山にはえる落葉低木。葉は5小葉からなる。若枝・葉柄・花柄などに灰褐色の毛が密生し、また葉の両面(とくに裏面)に毛が多い。花期は8〜9月。枝先に短い円錐花序を伸ばし、花柄の先に多くの花を散形につける。雌雄同株。

◎参照 原色日本植物図鑑木本I:No.233,日本の野生植物木本II:119頁
分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸。
◎府内の分布区域
中部地域、南部地域。
生存に関する脅威 森林開発、土地造成、道路工事などが減少の主要因である。


執筆者:田中 徹
    トップページ > 野生生物種 > 種子植物 > ケヤマウコギ(オニウコギ)

ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.