ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 家庭支援課 > 京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター 京都SARA(サラ)を開設しました

ここから本文です。

京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター 京都SARA(サラ)を開設しました

 京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター 京都SARA(サラ)

  京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センター 京都SARAは、行政、医療機関、警察、弁護士会、民間団体等が連携して、性暴力による被害を受けた方へ、被害直後から中長期にわたる総合的な支援(医療的支援、相談・カウンセリング等心理的支援、捜査関連支援、法的支援等)を提供するため、平成27年8月10日(月)に開設した相談窓口です。

  あなたの大切なからだとこころのために、まずは京都SARAに電話してください。

  女性の支援員があなたのお話をお伺いします。

1 京都SARAにできること

   被害に遭われた方の意思を尊重し、一緒に考え、支援を行います。

    ●電話相談-相談内容が漏れることはありません。

    ●来所相談-まずは電話にて御連絡ください。

    ●同行支援-1人で心細いとき、関係機関等へ支援員が付き添います。

    ●支援のコーディネート-関係機関等と連携して、あなたのニーズに合った適切な支援を行います。

   京都SARAリーフレット(PDF:431KB)

2 相談専用電話

    075-222-7711

3 相談受付時間

    10:00~20:00(年中無休)

4 運営形態

    京都府から(株)ウィメンズカウンセリング京都へ運営委託しています。

5 公費負担制度について

    産婦人科医療やカウンセリングを無料で受けられる制度があります。

    詳細は京都SARAまでお問い合せください。

性暴力とは…

 ◆あなたが望まない性的な行為は、すべて性暴力です。

 ◆レイプや強制わいせつ(未遂も含む)だけでなく、パートナーとの意に添わない、強制された性的行為や性的虐待なども含まれます。

 ◆また、性的な言動により自尊感情を著しく傷つけられることも性暴力に含まれます。

性暴力を受けると…

 からだやこころに大きな痛手や傷を受け、時間が経っても恐怖や不安で混乱した状態になります。

 例えば…

 ◆怒りや悲しみを感じる

 ◆自分が嫌になる

 ◆何も感じなかったり考えられなくなる

 ◆気持ちが落ち込む

 ◆記憶がなくなる

 ◆被害時の情景が突然よみがえる

 ◆不眠が続く

 思い当たったら一人で抱えず相談してください。

被害に遭ったら…

 もしかしたら自分が悪かったなどの自分を責める気持ちがおきているかもしれませんが、性暴力はあなたの責任ではありません。

 ひとりで悩まず京都SARAへお電話ください。

 必要に応じて、医療機関、弁護士、カウンセラー等と連携し、あなたを支援します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部家庭支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4582

ファックス:075-414-4586

kateishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?