ここから本文です。

ひきこもり支援

脱ひきこもり支援センターの設置

ひきこもりの問題は、ひきこもっている本人だけでなく、両親や他の家族をも巻き込み家庭全体に大きな影響を与えます。この問題は本人や家族だけでは解決することが難しく、状況を改善していくためには、家族全体を支える第三者の存在が重要です。

京都府では、ひきこもり状態にある方と、その家族を支えるため、京都府家庭支援総合センター内に「脱ひきこもり支援センター」を設置し、ひきこもり状態を脱して社会参加していくことを一体的に支援します。

脱ひきこもり支援センターでは、専門のスタッフが相談をお受けしています。お気軽に相談してください。

 

専門相談窓口

【電話相談】

ひきこもり相談専用電話075-531-5255(開設日時:月~金午前9時~午後4時)

【来所相談】

府内2箇所で、個別の面接相談を実施しています。

南部脱ひきこもり支援センター(京都府家庭支援総合センター内)

北部脱ひきこもり支援センター北部サテライト(京都府福知山総合庁舎内)

北部での相談は、原則として第1・3水曜日

面接相談は予約制です。まずは上記の「ひきこもり相談専用電話」へご連絡ください。

 

【アウトリーチ(訪問相談)】

相談の内容や本人の希望に応じて、家庭訪問や他機関への同行等を行います。

訪問相談支援は慎重に進めることが必要ですので、まずは面接相談を始めた上で担当の相談員と御相談ください。

早期支援特別班

府内の中学・高校や民生児童委員、民間支援団体と連携し、ひきこもり傾向にある児童生徒や家族等に対して、早期にアプローチし、適切な支援につなげます。

不登校・ひきこもりQ&A~はじめの一歩のために[早期支援特別班リーフレット] (PDF:2,827KB)【読める向き】

不登校・ひきこもりQ&A~はじめの一歩のために[早期支援特別班リーフレット](PDF:1,755KB) 【印刷用】

家族教室

ひきこもり状態にある方を支える家族に対して、ひきこもりについての正しい知識を学ぶ場として家族教室を実施しています。(事前申込制)

南部(当センター(家庭支援総合センター内))では、原則毎月1回(年間10回)、火曜日に実施

 ※30年度の北部家族教室の開催については調整中です。

職親事業(就労体験)等の制度利用支援

社会的な自立に向かう最初のステップのひとつとして、職親事業(就労体験)を利用することができます。本人や家族のニーズに合わせて、各種事業等の利用に関する支援や民間支援団体の情報提供も実施しています。気軽にお問い合わせください。

京都府ひきこもり支援情報ポータルサイト

専門相談員によるメール相談や、ネット上で多くの方と交流できる投稿掲示板を備えると共に、民間団体や行政の支援やイベントの情報をお届けしています。

京都府ひきこもり支援情報ポータルサイト(http://www.kyoto-hikikomori-net.jp/

 

<脱ひきこもり支援センタ->京都府家庭支援総合センター内

京都市東山区清水四丁目185番地1(電話:075-531-6540)

<北部サテライト>京都府福知山市総合庁舎内

福知山市篠尾新町一丁目91番地(電話:0773-22-8728)

※「ひきこもり専門相談」を除く各種支援についてのご相談は、上記の連絡先にお電話ください。 

チーム絆・地域チームの設置

 京都府では、ひきこもり状態にある方やその御家族が、身近な地域で訪問、相談等の支援を受けられるよう、ノウハウを持つ民間団体と連携し、「チーム絆・地域チーム」を府内6箇所に設置しています。

脱ひきこもり支援センターと地域チームがチーム絆として協働し、ひきこもり状態にある方が社会との繋がりを強めていけるよう支援していきます。

チーム絆・地域チーム一覧(PDF:251KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部青少年課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4303

健康福祉部家庭支援課 家庭支援総合センター

京都市東山区清水四丁目185-1

ファックス:075-531-9610

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?