ここから本文です。

外出先で地震にあったら

①住宅地

 周囲の状況を見て、落ちてきそうな物が無いか確かめましょう。窓ガラスや屋根瓦、エアコンの室外機が落ちてくることがありますので注意しましょう。
 ブロック塀・石塀・自動販売機・電柱など、強い揺れが起こった場合、倒れる危険性があります。揺れを感じたらそばから離れましょう。

②デパート・スーパー

 カバンや買い物かごなどで頭を保護し、陳列ケースや商品柵から離れてください。柱のそばや壁ぎわなどに身を寄せ、揺れが収まるのを待ちます。
 大勢の人がいるとパニックになる危険があります。従業員の誘導に従って行動してください。
 エレベーターは停電すると中に閉じ込められる恐れがありますので階段で避難してください。 

③駅・移動中

 プラットホームから転落しないよう柱などにしっかりとつかまってください。
 表示板、蛍光灯、カメラ、自動販売機等、落下・転倒の恐れがありますので離れましょう。カバンなどで頭を保護し、落下物から守ってください。

④繁華街

 ビルの窓ガラスが割れて落下すると、広範囲に拡散します。外壁のタイルや看板などが剥がれ落ちることがあります。カバンなどで頭を保護し、出来るだけ建物から離れましょう。 

⑤自動車の運転中

 急ブレーキは予想外の事故を引き起こす可能性があります。落ち着いて速度を緩めながら道路の左側に停車し、エンジンを切ります。
 周囲の状況を確かめます。頭上からの落下物に注意して下さい。危険がなければ、カーラジオを付け、情報を聞きましょう。
 避難するときは車にキーを付けたまま、ドアをロックしないで徒歩で避難しましょう。

⑥山・海

 山ぎわや急傾斜地では、山崩れ、崖崩れが起こりやすいので、早めに避難しましょう。
 海岸や川べりにいるときに揺れを感じたら、急いで高台や津波避難場所・津波避難ビル等の安全な場所に避難しましょう。

お問い合わせ

危機管理部防災消防企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

bosaishobo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?