ホーム > 暮らし・環境 > 防災・防犯 安心・安全 > 避難する際に気をつけること(新型コロナウイルス感染症への対策)

ここから本文です。

避難する際に気をつけること(新型コロナウイルス感染症への対策)

大雨や台風等の自然災害が発生した場合、命を守る行動を取ることが最優先であり、新型コロナウイルス感染症が終息していなくても躊躇(ちゅうちょ)なく避難しなければなりません。

一方で、避難先では、新型コロナウイルスの感染リスクが高まらないように、「3つの密」(密閉、密集、密接)を避け、ご自身の健康管理をしっかりする必要があります。

避難先での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、あらかじめ以下の内容について確認し、いざという時に備えましょう。

避難先の検討

  • 自分が住んでいる地域の災害リスクを知る

お住まいの市町村が作成しているハザードマップや、京都府マルチハザード情報提供システム(外部リンク)で、お住まいの地域の災害リスクを確認し、避難をする必要がある場所なのかどうか、あらかじめ確認しておくことが大切です。ご自宅で安全が確保できる時は、ご自宅にとどまることも検討しましょう。

(京都府マルチハザード情報提供システム)

 

  • 安全な親戚や知人宅への避難の検討

避難先は、必ずしもお住まいの市町村が指定した避難所(小中学校や公民館等)だけではありません。新型コロナウイルス感染症対策として、いつもよりも多くの避難所等を開設する市町村もありますので、あらかじめ、お住まいの地域で最適な避難先がどこかを確認しておきましょう。また、災害リスクを確認した上で、可能なら親戚や知人宅への避難も検討しましょう。

避難行動判定フロー(PDF:693KB))(知っておくべき5つのポイント(PDF:245KB)

 避難行動判定フロー画像5つのポイント 

出典:内閣府防災担当ホームページ(http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/h30_hinankankoku_guideline/index.html

 

避難先への持ち出し品の準備

  • マスク、体温計等の感染症対策物品の持参

食料や飲料水、常備薬等の災害時の非常持ち出し品と合わせて、マスク、体温計、消毒液なども、できるかぎり避難先へ持参できるように準備しておきましょう。

避難先で気をつけること

  • 咳エチケット、手洗いの徹底

咳エチケット(注)、手洗いなどの基本的な感染対策をしっかり行い、感染リスクをおさえましょう。

(注)咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・

ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。

 

  • 「3つの密」を避ける

「3つの密」が生じる場所では、感染拡大リスクが高まります。避難所においては、十分に換気を行い、人と人との間隔をできる限り広く確保できるよう、ご協力をお願いします。

 

  • 発熱、咳等の症状が出た場合

発熱、咳等の症状が出た方、体調が優れない方は、速やかに避難所運営スタッフに申し出ましょう。また、避難所を開設する市町村が定めるルールに応じて行動をお願いします。

 

咳エチケット画像手洗い画像

出典:首相官邸ホームページ(https://corona.go.jp/prevention/

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部災害対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4477

saigaitaisaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?