ホーム > 教育・文化 > 国際交流・パスポート > 京都府の国際化の推進 > 京都府名誉友好大使任命事業の概要について

ここから本文です。

京都府名誉友好大使任命事業の概要について

趣旨

京都府内で勉学する外国人留学生で、京都府との「かけ橋」としての役割を果たそうという意欲のある者を「京都府名誉友好大使」に任命し、

  1. 研修や視察等への参加によって、京都府への理解を深める
  2. 京都府の国際化の協力者として、府や市町村等の国際化行事への参加、府政への参画、提案に積極的に努める
  3. 留学期間終了後も、京都府のPRや出身地域の情報提供等に協力する

など、京都府の国際化推進事業に協力願い、京都府の国際化推進を図る。

対象者

府内の大学等に在学する留学生(名誉友好大使にふさわしい留学生を大学から推薦)

選考等

「京都府名誉友好大使任命に係る意見聴取会議」を招集の上、知事が任命する。

任命数

310名

4年度:14名、5年度:13名、6年度:9名、7年度:5名、8年度:6名、9年度:7名、10年度:7名、11年度:4名、12年度:3名、13年度:3名、14年度:4名、15年度:10名、16年度:10名、17年度:20名、18年度:20名、19年度:20名、20年度:20名、21年度:15名、22年度:15名、23年度:15名、24年度:15名、25年度:15名、26年度:15名、27年度:15名、28年度:15名、29年度:15名

活動内容

在学中(日本在住中)

  • 研修・視察への出席
  • 府・市町村・民間団体等の国際化諸行事への参加・協力
  • 小中学校等における国際理解教育への協力
  • 大使自身の企画・運営による国際交流活動

留学期間終了後(離日後)

  • 世界各地域での京都府のPR
  • 世界各地域の情報提供
  • 世界各地域と府民との国際交流への協力

報奨

奨励金等の支給

  • 研修奨励金(京都府について理解を深めるための研修経費)3万円
  • 基本奨励金(大使活動に要する経費)3万円

活動謝金

京都府名誉友好大使としての活動を奨励する活動謝金を活動時間数に応じて派遣の都度支給する(半日当たり6,000円、一日当たり10,000円)※京都府の事業で活動する場合の額です。府民の方のご利用についてはご相談ください。

府民の皆様へ(友好大使をご活用下さい。)

京都府名誉友好大使の派遣

府内における異文化理解、国際交流事業などに、京都府名誉友好大使を派遣しています。
学校の授業への参加、料理教室での講師、地域の国際交流事業への参加など、各地で行われる諸事業に大使を派遣して、交流に協力させていただいています。(平成28年度実績:128事業に派遣)
ぜひ、当制度をご活用下さい。
ご希望の方は、まず、京都府国際課までご連絡下さい。
電話:075-414-4316(企画・留学生担当)

 

京都府名誉友好大使の実際の派遣事例はこちら

京都府名誉友好大使派遣までの流れについてはこちら

市町村、教育委員会、市町村学校の皆様へ「京都府名誉友好大使市町村トライアル派遣枠」のお知らせ

india
大使による自主活動「インド料理教室」の様子

mexico

メキシコ出身大使による母国文化紹介(小学校)

 

お問い合わせ

知事直轄組織国際課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4314

kokusai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?