ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > こんなことやってます!!森の遊び場、ほしいもの会(丹後アレルギーを考える会) [子育て支援情報 未来っ子ひろば]

ここから本文です。

こんなことやってます!!森の遊び場、ほしいもの会(丹後アレルギーを考える会) [子育て支援情報 未来っ子ひろば]

森の遊び場、ほしいもの会(丹後アレルギーを考える会)(平成18年度団体紹介)

森の遊び場

2005年度、こどもの森保育園に子どもを通わせているお母さんたちと保育士さんたちの有志が、「地域のお母さん方の支えになれば」と始めた取り組みです。4年目を迎えた現在は、保育園の主催で続いています。
週に2回、保育園を解放して、赤ちゃんから就学前までのお子さんと保護者の方を受け入れています。在園児さんと一緒に遊んだり、保育士さんに育児の相談をしたり・・・自然に囲まれた広々とした園舎で、親子でのんびり過ごせます。プール遊びや泥んこ遊びは「家ではなかなかさせてやれなくって・・・」とお母さん方にも好評です。もちろん子ども達も伸び伸びと、いいお顔で楽しんでいます。
そして特に好評を得ているのが『給食』を一緒に食べられること!参加が2回目以降の方なら、前日までに予約をすれば用意してくれます。月齢に応じた離乳食にも、アレルギー児にも対応可。野菜がたっぷりの手作り給食をみんなで囲むと、食欲モリモリ!在園児と一緒に食べるので、いろんな子の様子を見る事ができて新米ママさんには参考になるようです。「食が細い」「遊び食いばかり」「好き嫌いが多くて」・・・日頃、気になっていた事を自然に相談し合える場にもなっています。開設日:水曜と木曜の午前9時頃~給食終了まで

  • 料金:親子で500円。
    給食を食べるなら1人につき300円プラス。保護者の分も予約できます。
  • 場所:京都府 与謝郡 与謝野町 明石515-1 こどもの森保育園内
  • 問い合わせ先
    電話(FAX同じ) 0772-42-0652
    ホームページ http://www5.ocn.ne.jp/~kodomori/ 

ほしいもの会(丹後アレルギーを考える会)

『ほしいも』は『干し芋』。アレルギーのために米や小麦を除去している子ども達の大好きなおやつ・・・これが会の名前の由来です。1988年に同じ悩みを持つ者が集まり、活動を始めました。アトピーや喘息をはじめ、さまざまなアレルギーを持つ子どもたちのお父さん、お母さん、家族の皆さんと情報を交換し合い、励まし合って活動しています。
月一回程度の例会と会報の発行を中心に、調理実習や学習会、クリスマス会なども企画し、会員それぞれの思いを大切にしながら交流を続けています。

  • 連絡先:(代表)尾瀬しのぶ 
    Fax 0772-68-1310

お問い合わせ

健康福祉部こども総合対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?