ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都府子育て支援新計画[未来っ子いきいき応援プラン]

ここから本文です。

京都府子育て支援新計画[未来っ子いきいき応援プラン]

1 計画策定の趣旨

〇 京都府では、平成19年7月に「京都府子育て支援条例」を策定し、同年12月に条例に基づく基本計画として「未来っ子いきいき応援プラン(アクションプラン)」(計画期間:~平成21年度末)を策定し、「子育て家庭を支援する環境づくり」「子育て支援に取り組む地域づくり」「子育て支援に関する意識づくり」を三本の柱として、社会全体で子育てを支援するための施策を総合的、計画的に推進し、子育て支援の充実強化に努めてきました。

〇 平成20年12月には、子育て支援の基本かつ重要な施策である多様な保育環境と放課後児童クラブについて、「未来っ子いきいき応援プラン」を一部改定するとともに、平成22年3月には、計画を改定し、現行計画を基本としながらも、今後5年間に重点的に取り組む施策を位置づけ、次代を支える子どもたちが、家族や周りの人との絆を大切にする人間性あふれた、優しくたくましく生きる力を兼ね備え、心身ともに健やかに成長できるよう、府民や、保育所・幼稚園・学校等の教育、医療機関、子育て支援団体、事業者、市町村その他関係機関などが連携・協働し、「子育て・子育ち・親育ち」を社会全体で支援していく仕組みをつくり、充実を図ってきたところです。

〇 しかしながら、依然として少子化は進行し、すでに多くの地域において、若年人口の減少により地域経済の活力が奪われ、人口流出に拍車がかかるとともに、雇用情勢をはじめとする生活への不安感が拡大しており、親子のふれあう時間の減少やネグレクトなどの児童虐待の増加、いじめや不登校の問題、さらには地域社会での連帯感の希薄化、ひきこもりをする者の年齢上昇等による家庭内暴力の社会問題化などは後を絶たず、子どもを育む環境には依然として厳しいものがあります。

〇 こうしたことから、今後5年間を見据えた「未来っ子いきいき応援プラン」の改定に当たっては、少子化対策を国家的課題と位置づけ、国と地方が総力を挙げて少子化対策の抜本強化に取り組むことが必要との基本的な認識の下に、京都府としても、少子化問題に対して、取り得る手段は全て講じるとの決意をもって、結婚から妊娠・出産、子育てまで切れ目のない総合的な少子化対策に取り組むとともに、子ども・子育て支援新制度の本格施行と相まって、子ども・子育て家庭を社会全体で支援していく仕組みをつくり、総合的・計画的に施策を推進していくこととします。

2 計画の期間

 本計画は、平成27年4月から平成32年3月までの5年間とします。

京都府の子育て支援に関する施策の実施状況

平成28年度 実績

【参考】過去の計画

京都府子育て支援対策協議会

未来っ子いきいき応援プラン政策検討会議

京都府子育て支援財政検討会

意見募集 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども総合対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?