ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 結婚・子育て応援住宅総合支援事業について

ここから本文です。

結婚・子育て応援住宅総合支援事業について

子育て世帯(多子世帯、三世代同居・近居世帯)や新婚世帯に対して生活に必要不可欠な住宅確保を支援します。

実施市町村ごとに内容が異なりますので、詳細は末尾に記載の市町村担当窓口までお問い合わせください。

多子世帯・三世代同居等推進支援事業

対象者

以下の世帯で、世帯の全員(三世代同居又は三世代近居の場合は祖父母を含む)が府税の滞納がなく、かつ子どもの親権者の年収の合算額が約750万円未満の世帯

・多子世帯

3人以上の子ども(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者をいい、妊娠中の子を含む。以下、同じ)が属する世帯

・三世代同居世帯

補助金を申請する年度において、親子又は祖父母が住所変更を行い、親子と祖父母が同一の住宅に居住する世帯

・三世代近居世帯

補助金を申請する年度において、親子又は祖父母が住所変更を行ったもののうち、以下のいずれかに該当する世帯

(1)親子と祖父母が、それぞれの住宅の間の直線距離2キロメートル以内に居住すること

(2)住所変更前において、異なる市町村に居住する親子と祖父母が同一市町村内に居住すること

補助対象経費

(1)多子世帯が居住又は三世代同居若しくは三世代近居をするための住宅リフォームに要する費用

(2)多子世帯が居住又は三世代同居若しくは三世代近居をするための住宅購入に係る仲介手数料に要する費用

(3)多子世帯が居住又は三世代同居若しくは三世代近居をするための住宅賃借に係る仲介手数料に要する費用

補助額

補助対象経費に2分の1を乗じた額(ただし、支援メニューによって以下の上限があります。)

(1)リフォーム支援:上限100万円(上限200万円)

(2)住宅購入支援:上限40万円(上限80万円)

(3)住宅賃貸支援:上限5万円(上限10万円)

※( )書きの上限額は、府外からの移住者(転入により京都府内の市町村の区域内に住所を定めた者であって、転入をした日の前日において引き続き5年以上京都府外に住所を有していた者をいう。以下同じ)の場合

実施市町村

舞鶴市(外部リンク)(移住・定住促進課 TEL:0773-66-1085)

南丹市(外部リンク)(子育て支援課 TEL:0771-68-0019)

城陽市(外部リンク)(都市政策課 TEL:0774-56-4067)

京丹波町(外部リンク)(こども未来課 TEL:0771-82-1394)

南山城村(外部リンク)(保健福祉課 TEL:0743-93-0104)

 

新婚世帯スタートアップ支援事業

対象者

補助金を申請する年度において、婚姻届を提出した世帯で、夫婦双方が府税の滞納がなく、かつ以下の世帯類型のいずれかに該当する世帯

世帯類型(1):夫婦ともに34歳以下かつ世帯所得340万円未満の世帯

世帯類型(2):夫婦の双方または一方が40歳未満かつ世帯所得500万円未満の世帯(世帯類型(1)に該当するものを除く。)

補助対象経費

(1)婚姻に伴う新規の住宅購入に要する費用

(2)婚姻に伴う新規の住宅賃借に係る賃料、共益費、仲介手数料に要する費用

(3)婚姻に伴う引越に要する費用(ただし、引越業者又は運送業者への支払いに係る実費に限る)

補助額

世帯類型(1):上限30万円(上限60万円)

世帯類型(2):上限18万円(上限36万円)

※( )書きの上限額は、府外からの移住者の場合

事業実施市町村

南山城村(外部リンク)(保健福祉課 TEL:0743-93-0104)

 

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(子育て環境推進係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?