ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 建設交通部 交通政策課 > JR関西本線(加茂以東)沿線地域(笠置町、和束町、南山城村)における広域バスの実証運行について

ここから本文です。

JR関西本線(加茂以東)沿線地域(笠置町、和束町、南山城村)における広域バスの実証運行について

  近年の人口減少、少子高齢化の加速度的進展により、都市部以外においては、公共交通ネットワークの維持確保に懸念が生じています。                                                                                                                                                                           そのため、JR関西本線(加茂以東)沿線において、自治体や交通事業者など地域の関係者が連携し、持続可能な地域公共交通ネットワークの再構築を図るため、「JR関西本線(加茂以東)沿線地域公共交通網形成計画」の策定を進めているところです。                                                                                    この度、この計画における具体的施策検討の一環として、JR加茂駅から和束町、笠置町及び南山城村を経由し、JR月ヶ瀬口駅を結ぶ広域バスの実証運行を1月18日(水)から2週間行います。                                                                                                                                                                          本実証運行は、地域住民の移動機会の拡大に向け、将来的な運行を目指した実証運行です。 

実証運行の内容

  運行区間:月ヶ瀬口駅~加茂駅(西口)間

  運行期間:1月18日(水)~1月31日(火)の平日のみ

  運行本数:1日3往復

  乗車定員:9名(予約不要)※満席の場合、乗車をお断りする場合がございます。

  乗車運賃:無料

  ロケーション情報の提供(Web上で、バスの現在位置、乗車人員情報を提供)                                                                  https://buslocation.elvez.jp/location/map/

 

   ※運行ダイヤ・ルート等詳細につきましては、下記チラシをご参照ください。

    広域バス実証運行チラシ(PDF:2,769KB)

実証運行の目的

  ●鉄道駅までのアクセスが不便な方々の買い物等日常利用など、新たな需要を喚起する

  ●これまで各町村内のみで運行されていたバス交通の再編を踏まえ、鉄道を補いながら、各町村のアクセスの充実を図るための「基軸交通」としての役割を期待し、その持続性等を検証する

  ●都市部を中心に導入されているバスロケーションシステムを中山間地域における交通にも導入し、高齢者等の利便性向上につながるかどうかを検証する

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部交通政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

kotsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?