ここから本文です。

TSマーク付帯保険

 京都府では、自転車事故による被害者の救済に資するため、TSマーク付帯保険の加入を進めています。

 これは、財団法人日本管理技術協会が推進母体となり、自転車利用者の求めに応じて、「自転車安全整備店」の「自転車安全整備士」が「「普通自転車の点検整備基準」に定める項目に従って自転車を点検・整備し、道路交通法に規定する「安全な自転車」であることを確認したとき、その証として「TSマーク(傷害保険・賠償責任保険付)」を貼付するものです。

 点検整備済みの普通自転車には、 次のマークが貼付されます。

第二種TSマーク

補償内容

  • 傷害保険

 入院15日以上 (一律)10万円
 死亡・重度後遺障害(1~4級) (一律)100万円

  • 賠償責任保険

 死亡・重度後遺障害(1~7級) (限度額)5,000万円

  •  被害者見舞金

 入院15日以上 (一律)10万円

有効期間

TSマークに記載されている点検日から1年間

参考

 自転車利用者が高額の賠償金を支払うケースも発生しています。

  • 平成25年7月4日神戸地裁判決

自転車が歩行者と衝突、歩行者が意識不明の重体になり、9,521万円の賠償

  • 平成15年9月30日東京地裁判決

自転車が歩行者と衝突、歩行者が死亡し、6,779万円の賠償

 手軽に入れる保険として、TSマーク付帯保険のほか、自動車保険、一般の傷害保険、火災保険等には、自転車事故を対象とする保険を付帯できるものが多くあります。

 京都府自転車の安全な利用の促進に関する条例では、自転車利用者に対して、自転車損害保険等に加入する努力義務を課しています。保険に加入するよう努めましょう。

 

 

お問い合わせ

府民生活部安心・安全まちづくり推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5079

ファックス:075-414-4255

anshinmachi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?