ここから本文です。

京都舞鶴港について

 港の位置及び港湾区域

maiduru_ichi

京都舞鶴港は、京都府北部の若狭湾西部に面し、北緯35度25分~29分、東経135度19分~25分の位置に有り、京都から110km、大阪・神戸からは125kmの距離にあります。

港湾区域については港湾計画図(PDF:3,896KB)をご覧ください。

 舞鶴湾の自然環境

舞鶴港の航空写真(クリックで移動)

舞鶴湾は、日本海側のほぼ中央部で本州が屈曲して、日本海が最も深く湾入したリアス式海岸で、東西約9km、南北約8km、面積約25k平方メートルの海域を有します。湾の形が2羽の鶴が羽を広げた形に似ていることが、「舞鶴」の名前の由来になっていると言われています。

以下のような特徴を備えていることから、「天然の良港」と呼ばれ、港運業や漁業が栄えてきました。

  • 湾口が狭く周囲を高い山で囲まれている
    ⇒ 大きな防波堤が不要で年間を通じて波浪が小さく穏やかな水面
  • 大きな川の流入がない
    ⇒ 土砂が堆積せず一定の水深が確保され、浚渫が不要
  • 干満差が多いときでも40cm以下
    ⇒ 年間を通じて定期航路の定時制を確保しつつ安定した荷役が可能

主な事業

 世界に繋がる京都舞鶴港

主な定期航路

 teikikouro202007

 

詳しい内容は「京都舞鶴港定期航路」をご覧ください。

 舞鶴港に関する計画・データ

  みなとを利用したいとき

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部港湾局

舞鶴市字喜多1105番1 舞鶴21ビル7階 

ファックス:0773-75-4375

kowan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?