ここから本文です。

京山科なす

京山科なす

 京山科なすは、古くから京都市山科区付近で特産として栽培されていましたが、明治以後、他の地区へ広がり、昭和の初期には、京都のなすの6~7割ほどを占めていました。昭和20年頃から他の品種に押され、減少しましたが、近年は京の伝統野菜として生産拡大が図られています。


 

結実しはじめた京山科なすの写真

 

京山科なすを定植して2ヶ月になります。
全国的に多く栽培されている「千両なす」より木の姿はおとなしい感じです。 卵型の実がなり始めました(6月3日)。 


 たわわに実った京山科なすの写真 電球型が特徴の京山科なすの果実の写真

 たくさん実がつきだしました。 6月下旬から収穫しています(7月1日)。

環境にやさしい害虫防除のための設置された黄色蛍光灯の写真

夜中に黄色い蛍光灯をつけています。
オオタバコガという害虫が畑に入るのを防ぎます。農薬が少なくてすみます。


 

収穫盛期を迎えた京山科なすの様子(8月5日)

大きく生育した京山科なすの写真

京山科なすの実がたくさんなっています。

 
収穫のピークを迎え、今が食べ時です。

京山科なすのおすすめレシピはこちら

お問い合わせ

農林水産部京都乙訓農業改良普及センター

京都市右京区西京極徳大寺団子田町15番地

電話番号:075-315-2906

ファックス:075-315-2909

kyoto-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?