ここから本文です。

鷹峯とうがらし

鷹峯とうがらし

 

鷹峯とうがらしは、京都市北区鷹峯で昭和18年頃から栽培が始められました。伏見とうがらしより太く、万願寺とうがらしとも少し形の違う、辛みがなく、肉厚で大変美味しいとうがらしですが、栽培の歴史が浅いため、京の伝統野菜に準じるものとされています。


ハウスに定植され、順調に生育しています(5月中旬)。


果実がなりはじめました。これから、11月ころまで市場などに出荷されます(6月下旬)。


京都市の夏季品評会で入賞した鷹峯とうがらしです(7月上旬)。

 

注※ 当方では、販売の注文、受付の斡旋は行っていませんので、 農産物直売所 へお問い合わせ願います。

 

お問い合わせ

農林水産部京都乙訓農業改良普及センター

京都市右京区西京極徳大寺団子田町15番地

ファックス:075-315-2909

kyoto-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?