ここから本文です。

大枝の柿

大枝の柿

京都市西京区大枝(おおえ)では、昭和5年から富有柿が栽培されるようになりました。大枝の柿は、大ぶりで甘みが強いのが特徴で、10月下旬になると主要地方道である府道10号(大山崎-大枝線)沿いに、柿の直売所が軒をならべることから、「柿街道」ともよばれています。


 

小径のある柿園の写真

大枝では、いたるところで柿園の風景が見られます(9月)。

大きく太り始めた柿の実の写真

青い実が大きくなり始めました(9月上旬)。


 

収穫期を迎えた柿の木

いよいよ果実も色づき収穫期を迎えました(10月下旬)。

柿の実がならんだ直売所の写真

今年も、柿の直売が始まりました。成熟した柿が並べられ、みなさんをお待ちしています(10月下旬)。

 

注※ 当方では、販売の注文、受付の斡旋は行っていませんので、 農産物直売所 へお問い合わせ願います。

お問い合わせ

農林水産部京都乙訓農業改良普及センター

京都市右京区西京極徳大寺団子田町15番地

ファックス:075-315-2909

kyoto-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?