ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府の農業改良普及 > 京都乙訓農業改良普及センター > ソルゴー障壁栽培について [京都乙訓農業改良普及センター]

ここから本文です。

ソルゴー障壁栽培について [京都乙訓農業改良普及センター]

天敵を利用した環境にやさしい農業技術です。

  1. ソルゴーにアブラムシがつきます。
  2. そのアブラムシを食べに天敵がソルゴーに来ます。
  3. そして、虫(天敵)がナスの畑に入ります。
  4. ナスにつく害虫を捕食します。
  5. その結果、殺虫剤が従来の3分の1以下で済みます。

平成14年8月9日向日市物集女での現地研修会の様子

ソルゴーをナスの周りに植えることにより害虫の発生を防ぎます。

ソルゴー障壁のほ場イメージ画像(GIF:23KB)

ソルゴー障壁のQ&A

Q:ソルゴー設置に係る時間とは種量は?
A:は種機を使えば10アールで約10分です。は種量は10アールで約100グラムでした。

Q:薬剤散布はどうしたらよいですか?
A:ナスに登録のある農薬で、天敵に影響の少ない農薬を散布します。詳しくは、普及センターにおたずね下さい。

Q:どんな虫に効果がありますか?
A:アブラムシ、アザミウマには高い効果が期待できます。

Q:病気はどうですか?
A:うどんこ、灰色かびなど病害についての効果はありません。

Q:ほ場が変形ですが、囲まないといけませんか?また、2条播きでないと効果が有りませんか?
A:囲んだ方が効果が高いと思いますが、短い一辺なら囲まなくても良いでしょう。欠株が少しぐらいあっても効果は変わりません。
また、2条播きにすれば効果は確実ですが、1条播きでも効果は十分あることがわかっています。

Q:良いことばかりでしょうか?
A:ソルゴーをまく分、ナスの栽培面積は減ります。

Q:風の強い地域では、倒れませんか?
A:ソルゴーには耐倒伏性の品種(高糖分ソルゴーなど)があります。

Q:ナス以外の作目では使えませんか?
A:普及センターではナス以外にもエビイモ、ネギなどで検討していく予定です。

Q:他に注意することはありませんか?
A:
1 ソルゴーにつくアブラムシはナスにはつきませんので、ソルゴーに農薬は絶対かけないようにします。
2 実がついたら鳥がきます、鳥はナスは食べませんが、糞をするので注意が必要です。
3 また、穂の花粉がナスについたら商品価値がなくなりますので、出穂したらすぐに穂を刈る必要があります。

お問い合わせ

農林水産部京都乙訓農業改良普及センター

京都市右京区西京極徳大寺団子田町15番地

ファックス:075-315-2909

kyoto-nokai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?