ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 未指定文化財の修理補助

ここから本文です。

未指定文化財の修理補助

1 京都府社寺等文化資料保全補助金の概要

この補助事業は、京都府内の社寺等が所有又は管理している建造物や美術工芸品並びに有形無形の民俗文化資料などで、国の指定文化財、府の指定・登録・暫定登録文化財(いずれも民俗文化財を除く。)ではないが、文化資料として価値の高いものの保全を目的に、その修理事業の緊急性や経済的負担能力などを考慮し助成を行う、歴史・文化遺産の豊富な京都府ならではの独自の補助制度です。

2 補助対象事業について

美術工芸品や建造物などの種別ごとに、制作年、建立年などの要件があります。また、文化資料の保全が目的ですので、現状変更することなく、工法や材料についても配慮された補修がなされることが条件となってきます。

詳しい要件などについては下記ファイルを御覧下さい。
補助対象となる事業種目別一覧及び要件等(PDF:174KB)

3 申請書等のダウンロード

京都府電子申請・様式提供(申請書等ダウンロード)のサイトから必要な書式をダウンロードできます(PDFファイルのみの提供)。

4 申請のスケジュール

  1. 修理を行いたい年度の前年度の3月末までに事業計画書を提出してください。
  2. 事業採択通知が届いたら申請書を提出してください。
  3. 交付決定は概ね8月から10月頃となります。
  4. 事業は交付決定年度内(3月末まで)に終了してください。
  5. 事業終了後1ヶ月以内または翌年度の4月10日までのいずれか早い日までに所定の様式により事業報告書を提出してください。
  6. 補助金の支払い日は、事業報告書の提出時期により異なります(12月末、3月末、5月末を予定)。

5 補助事業の実績

昭和37年度の制度開始当初から平成28年度までに、総計7,114件、総額3,591百万円の補助を行いました。

これまでに修理された文化資料については「京都府社寺等文化資料補助金実績」のページで御紹介しています。

6 問い合わせ先

(京都市・乙訓地域)
文化スポーツ部文教課 075-414-4521

(宇治市以南)
山城広域振興局企画総務部企画振興室 0774-21-2049

(亀岡市、南丹市、船井郡)
南丹広域振興局企画総務部企画振興室 0771-24-8430

(福知山市、舞鶴市、綾部市)
中丹広域振興局企画総務部企画振興室 0773-62-2031

(宮津市、京丹後市、与謝郡)
丹後広域振興局企画総務部企画振興室 0772-62-4300

(注)国の指定文化財、府の指定・登録・暫定登録文化財については、京都府教育委員会文化財保護課にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文教課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4523

bunkyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?