ここから本文です。

生活騒音について

生活騒音とは、ピアノやステレオ、テレビ等の音響機器からの音、エアコン、掃除機等の家庭用機器からの音、風呂、トイレ等の給排水音、扉の開閉音や室内の足音等住宅設備・構造からの音、自動車の空ぶかし音、ペットの鳴き声、人の声等、日常生活に伴って発生する騒音の全般をいいます。生活騒音は、一般に近隣間のコミュニケーション不足から生じる問題が多いため、生活マナーの向上や日頃からの良好な近隣関係への心がけが重要です。

生活騒音を出さないために・・・

1.テレビやステレオは大きな音で聞かない。

特に夏等、窓を開けて生活している場合は要注意!

2.ドアやシャッターは静かに閉める。

瞬間的に大きい音がするだけでも、睡眠を妨げることがあります。自動車の乗り降り時にも注意しましょう。

3.深夜、早朝のアイドリングはしない

エンジンはこまめに切りましょう。燃費の節約にもなります。

4.夜遅くまで騒がない

窓やドアを閉めていても、隣まで聞こえることもあります。深夜は必要最低限の音量で話すなど、気配りを!

5.ピアノ等楽器の音にも気配りが必要

どんなにすばらしい音色でも、不快に思う人がいることを忘れずに!ピアノの位置替えや防音設備、消音ピアノの導入を考えましょう。

6.室内や階段の上り下りの足音も静かに

室内での飛び跳ね、階段の駆け上がり、駆け下りはやめましょう。お子さんにも日頃から注意を!

7.ペットの鳴き声にも注意を

運動不足や不規則な食事等が原因の場合もあります。愛情をもって世話し、しつけ等を行いましょう。

8.夜間の洗濯や風呂の使用は極力控える

洗濯機の音やボイラーの音、排水音等が騒音の原因となります。低騒音の洗濯機を選ぶ、できるだけ早い時間にお風呂に入り、排水は昼間に行うなど、時間帯にも注意しましょう。

 

これ以外にも、住民一人ひとりが気を配り、生活マナーの向上を目指すことが大切です。常に相手の立場に立ち、譲り合いの心をもって行動しましょう。

生活騒音に困ったら・・・

1.苦情は、早めに直接相手に話しましょう。

気づかずに騒音を出している場合もあります。不快であることを伝え、相手に認識してもらうことが大切です。

2.苦情を言われたら、お互いの立場を理解して話し合いましょう。

生活騒音は、加害者にも被害者にもなる可能性があります。互譲の気持ちを持って、お互いが納得いく方法を探しましょう。

3.地域で話し合いをしましょう。

生活騒音が発生する原因の一つに近隣間のコミュニケーション不足が挙げられます。地域での話し合いの中で、生活騒音についても話し合ってみましょう。

お問い合わせ

府民環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?