ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 農林センターのご案内 > 園芸部(花き)の紹介 [農林センター]

ここから本文です。

園芸部(花き)の紹介 [農林センター]

 園芸部では野菜と花の研究を行っています。野菜の研究は京の伝統野菜、ブランド京野菜等を中心とした栽培技術開発等を行っています。また、花の研究は京都らしい花き品目の開発、花壇苗の技術開発等を行っています。

 花の研究

花壇苗の省エネ・低コスト技術の確立

 花壇苗生産農家では昨今の原油価格の高騰により、暖房費が経営を大きく圧迫しているのが現状です。そこで低温、低日照下でも高品質な苗を生産する技術の開発を行っています。

パンジー

京都をイメージする鉢物品目の開発

 京都の花きとして「ブランド京野菜」のように有利販売につながる「ブランド花き」の育成が求められています。そこで、京都をイメージする鉢物の開発を行っています。

さがぎく

           嵯峨ギク

ききょう

    キキョウ

京都の農村景観にマッチした景観花き品目の提案と実証

農村の高齢化に伴い畦畔の草刈等畦畔管理が困難になってきています。また、「農地・水・環境保全対策」が導入され、地域共同活動により農村景観を守ることが求められています。そこで、京都の農村景観にマッチした花き(芝+球根類(スイセン、ヒガンバナ)、ナデシコ)を畦畔に植え付け、畦畔管理の省力化だけでなく、景観にも配慮した管理方法を検討しています。

のうりんセンターほじょう

       農林センター内ほ場

おおはらじっしょうほ

  京都市左京区大原での実証試験

特産花きの品種育成

 現場からの要望が強い、開花の年次変動が少ない盆コギクや、疫病抵抗性のある湿地カラーを育成しました。

なつきょうか べにしきぶ

 盆コギク「夏京華」    盆コギク「紅式部」

ていこうせいからー

         疫病抵抗性カラー

お問い合わせ

農林水産部農林センター

亀岡市余部町和久成9

ファックス:0771-24-4661

ngc-norin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?