ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 農林センターのご案内 > 野生鳥獣に負けない集落・農地を目指して

ここから本文です。

野生鳥獣に負けない集落・農地を目指して

はじめに

 野生鳥獣被害対策は、「生息地管理」、「集落・農地の管理」、「個体数管理」の3つの対策を総合的に行うことが大切です。
 特に、地域ぐるみで被害対策を行うには、次の3点が重要です。

  1. 地域の現状・課題を共有すること
  2. 計画を立てて実践すること
  3. 状況の変化に応じて対策に工夫を加えること
     

 本サイトでは、地域での被害対策を支援するため、野生鳥獣や被害対策の基本的な情報を紹介します。

野生鳥獣被害対策マニュアル

「野生鳥獣害対策の基本的な考え方」

「野生獣の特徴と対策の概要」

 効果的な被害対策を実施するためには、相手(鳥獣)の特徴を理解することが不可欠です。

  ・ニホンザル対策(追い払い・誘引物対策)(PDF:154KB)

  ・追い払い用ロケット花火発射器(PDF:444KB)

  ・追い払い活動における煙火(ロケット花火等)の使用上の注意(PDF:90KB)

「集落環境点検マニュアル」

 地域の現状を地図に書き込み、地域で対策を練ることは、鳥獣害対策の第一歩です。

「防除柵設置マニュアル」 

 防除柵の設置・管理は、野生鳥獣害を軽減する手段の一つです。

 防除柵の効果を持続させるためには、こまめな点検・管理作業が重要です。

 点検・管理を前提に防除柵の種類や設置場所を計画しましょう。

獣害対策の手引き

 先に掲載している各種マニュアルについて理解を深めたい方は、下記のサイト「獣害対策の手引き」を御覧下さい。

防除柵展示コーナ 

 農林センターの圃場内に、防除柵の展示コーナを設置しています。

 防除柵の設置に興味のある方は、是非一度見学にお越し下さい。

展示コーナに関するお問い合わせ

  • 京都府南丹広域振興局森づくり推進室森林管理担当(0771-22-0426)
  • 京都府南丹農業改良普及センター(0771-62-0665)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農林センター

亀岡市余部町和久成9

電話番号:0771-22-0424

ファックス:0771-24-4661

ngc-norin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?