ここから本文です。

植物園よもやま話(2005)

 

北山のスノー・ショートケーキ(平成17年12月24日)

12月下旬の寒波により、京都市内は近年まれにみる大雪に見舞われ、園内でも10cmから20cmの積雪がありました。雪が止んだ朝、「スノー・ショートケーキ」ができたとの報がありました。なんのことかと思ったら、沈床花壇にある植え込みがふんわかと雪を乗せている姿が、まるでスポンジケーキに生クリームを塗ったショートケーキみたいだった、とのことでした。
スノーケーキの写真 スノーケーキの写真

シモバシラに霜柱が立った(平成17年12月16日)

12月16日の京都市内の最低気温はマイナス0.6度(京都地方気象台発表)でした。植物生態園にあるシソ科のシモバシラ(学名:Keiskea japonica)に今年も霜柱が立ちました。
震え上がるような朝にのみ午前10時頃まではシモバシラを見ることができます。例年ですと翌年の1月末頃までは見ることができます。
シモバシラの写真

【霜柱ができるメカニズム】
(1)外気温が氷点下になり、地上部が枯れても、根が生きているため、茎を通して水を吸い上げる。
(2)茎から水がしみ出したところで、外気に触れるため氷柱ができる。
(3)水が氷になる時に体積が増えるため、茎は次第に大きく広がり、地際で横に広がったような霜柱になる。
(4)次第に水を吸い上げなくなり、霜柱を見られなくなってしまう。
【他に霜柱を作る植物】
シソ科 ヒキオコシ、アキチョウジなど。キク科 カシワバハクマ、シロヨメナなど。

チューリップの植え付け(平成17年12月2日)

平成17年12月1日、早春を彩るチューリップの植え付けが行われました。53,000球の球根の植え付けには事務職員やボランティアの方も加わり、植物園総動員の作業となりました。桜が咲く頃のあわせて咲くチューリップをぜひ見に来てください。
チューリップの植え付けの写真

京都府立植物園のホームページ(平成17年11月21日)

インターネットによる情報収集の時代に対応して、より多くの方に当園のことを知って頂くために、また、見頃の植物や各種展示会、催し物等の最新の情報を提供させて頂くために、平成9年(1997年)11月、京都府ホームページ「おこしやす京都」内に当園のホームページを立ち上げました。
インターネットの普及が年々進むのにつれて、当園のホームページへのアクセス件数も増加し、平成16年度の年間アクセス件数は約89万件に達しました。
この度のホームページリニューアルに伴い皆様方により一層、当園の魅力を知って頂くため季節の植物や催し物等、できるだけ新しいタイムリーな情報、興味深い情報の提供に努めて参りたいと思います。どうぞ、ご期待下さい。
我々の思いとしては、HPでご覧いただいた植物を当植物園にお越しいただいて、是非とも確認してほしいと思っています。生きた植物のすばらしい姿を四季折々に楽しんで下さい。
これからも京都府立植物園ホームページをよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?