ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > 京都府立植物園 観覧温室

ここから本文です。

京都府立植物園 観覧温室

外観は池に浮かんだ金閣寺のイメージと、北山連峰のシルエットを取り入れた京都らしい優雅なデザインとなっています。延床面積は約4,694平方メートル、高さは最高14.8メートル。熱源は都市ガスで、冷温水による冷暖房を完備し、コンピュータによる自動環境制御を行なっています。
内部は8つのゾーンで構成され、入館者は回遊式、段差のない延長460メートルに及ぶ順路に従って進むと、次々と景観が変わり、一巡すると熱帯の様々な植生が観賞できます。展示植栽植物は約4,500種類、25,000本に及び、国内初展示、初開花の植物も多く、名実ともに日本最大級の温室で、一年を通して熱帯植物が観察できます。また、館内では球根ベゴニア展、フクシア展、食虫植物展、洋ラン展などの展示会を随時開催し、保存植物の公開に努めています。


バオバブの開花

ムクナ・ベネッティー

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?