ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > 京都府立植物園 日本の森 植物生態園

ここから本文です。

京都府立植物園 日本の森 植物生態園

京都府開庁100年記念として造成した日本の森・植物生態園は日本各地の山野に自生する植物や古来より栽培されてきた園芸植物などを生態的にできるだけ自然に近い状態で植栽しています。
総面積15,000平方メートル、外周部は樹木林とし、内部は8区に分けています。南入り口付近は九州、四国の暖地性植物を植栽し、中央の池を含む地区は関西の代表的な植物と中部、関東の植物で構成しています。西入り口付近は特に京都とその周辺で見られる植物を植栽しています。北入り口付近は東北、北海道に多い寒地性と高山帯の植物を植栽しています。また、水辺と海辺に生育する植物については、それぞれ湿地と砂地をつくり植栽しています。
四季それぞれに移り行く草木の可憐な姿に、なつかしいふるさとの山川を思い浮かべ、豊かな心の糧となれば幸いです。植栽植物種数:約1,000種類。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?