ここから本文です。

京都府立植物園 洋風庭園

洋風庭園は正門から東へ広がり、西洋シャクナゲ園、ばら園、沈床花壇からなる庭園です。

ここでは、四季の草花、約270品種1300株のバラ、ツツジなどの花木、ヒマラヤスギ、カイヅカイブキなどの針葉樹を左右対称の幾何学模様に配し、明るい洋風の雰囲気を演出しています。

周囲から一段低くなっている沈床花壇では、キリシマツツジ、四季の草花が咲き誇る、華やかな花壇で、遠景にみえる比叡山、東山連峰と相まって、ダイナミックな景観を生み出しています。また、AAS(All-America Selections)及びFS(FLEUROSELECT)の受賞品種を植栽したディスプレイガーデンもあります。

【AAS(All-America Selections):全米草花新品種審査会】

1932年に花や野菜の優良新品種の選定や普及、育成者の権利保護を目的としてアメリカで発足した非営利機関で、「花苗部門」「花部門」「野菜部門」がある。新品種を北米32か所の審査圃場で比較栽培し、優秀な品種に対して金賞が授与される。
受賞品種の展示圃はアメリカ合衆国65か所、カナダ21か所、日本1か所。日本の1か所は本園で、1992年から栽培展示。

【FS(FLEUROSELECT):欧州草花新品種審査協会】

1970年に花の新品種開発振興や育成者の権利保護を目的に設立された国際的な非営利機関で世界の主要な育種会社や種苗会社が会員となり事務局はオランダにある。一定水準以上の成績でなければ入賞できず、受賞品種の中でもとくに優れた品種には、ゴールドメダルが贈られる。受賞品種の展示圃は欧米47か所、アジア2か所(インド、日本1か所)。日本の1か所は本園で、1994年から栽培展示。

 

写真:アンネのバラと比叡山

写真:ヒマラヤスギ

写真:沈床花壇

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?