ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成28年7月15日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成28年7月15日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成28年7月15日(金曜)現在

 

観覧温室では

 migoro20160708

アリストロキア アルボレア
 Aristolochia arborea
 ウマノスズクサ科
 観覧温室冷房室にて開花。中央アメリカ原産。
 株元に直径7センチ程度の頭巾のような形の花が咲く。7月下旬まで見頃。

migoro20160708

ハナチョウジ
 Russelia equisetiformis
  オオバコ科
 観覧温室ジャングル室にて開花。メキシコ原産。
 葉のように見える部分は茎で、弓状に下垂します。花は橙赤色の細い筒状で、1~3花がかたまって咲く。
 7月下旬まで見頃。 

樹林地では

Cycas-revolute

ソテツ 
  Cycas revolute
  ソテツ科
  奄美大島などでは、幹から澱粉を取る伝統がある。写真は雄花。植物園会館前で。

Lilium-auratum

ヤマユリ 
  Lilium auratum
  ユリ科
  日本固有の百合。西洋では栽培品種の母株として重用された。植物生態園で。 

 

 花壇では

migoro20160708

タイタンビカス
Hibiscus × taitanbicus
アメリカフヨウとモミジアオイの交配種。草丈は2メートルを超える。花の大きさは直径20~30センチになり次々と開花する。北山広場にて8月下旬まで。


migoro20160708

カンナ ‘アメリカンレッドクロス’
Canna ‘American Red Cross’
カンナ科
熱帯アメリカ原産。草丈は2メートル以上になる。花は鮮やかな緋紅色で大輪咲き。性質は大変強く、耐暑性・耐寒性が共に優れ、乾燥や病害虫にも強い。沈床花壇にて見頃は10月上旬まで。

四季彩の丘では  

Okamekabocha

オカメカボチャ
 Cucurbita maxima ‘Turk's Turban’
 ウリ科
 果皮が途中までしか発達せず、下半分がむき出しになるセイヨウカボチャの観賞用品種。
 下から見た形がおかめ型にみえることが名前の由来で、横から見た形からターバンカボチャとも呼ばれる。
 四季彩の丘・パーゴラ北側にて、9月まで見頃。

Benibana

ベニバナ
 Carthamus tinctorius
 キク科
 花弁を発酵させ、紅色の染料として利用するほか、種子を搾って食用油をとる。
 四季彩の丘中央有用植物コーナーにて、7月下旬まで見頃。
 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?