ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成28年10月14日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成28年10月14日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成28年10月14日(金曜)現在

 

観覧温室では

めでぃにら

メディニラ クラサタ

 Medinilla crassata

 ノボタン科

 観覧温室冷房室にて開花。フィリピン原産。

 葉は光沢があり、やや革質で、いくつもの蕾がぶら下がった見た目から、「シャンデリアプラント」と呼ばれる。

 10月いっぱい見頃。

あふぇらんどら 

アフェランドラ アルボレア

 Aphelandra arborea

 キツネノマゴ科

 観覧温室ラン室にて展示。南米北部、西インド諸島原産。

 赤橙色からオレンジ色の筒状の花が花茎から突き出して咲く。鮮やかで炎のようになる。

 10月中旬まで見頃。

樹林地では

たいわんもくげんじ 

タイワンモクゲンジ
 Koelreuteria henryi
 ムクロジ科
 花期は短いが花後の果実も美しく観賞価値が高い。隠れ家トイレ北で。10月中旬まで。

つりふねそう 

ツリフネソウ(白花)I

Impatiens textori f. pallescens

ツリフネソウ科
和歌では晩夏から秋にかけての季語とされる。植物生態園で。10月下旬まで。 

 花壇では

Brugmansia 

ブルグマンシア ‘チャールス グリマルディ’
  Brugmansia‘Charles Grimaldi’
 ナス科
 ブルグマンシアの園芸品種。原種は熱帯アメリカに分布する。
 黄橙色の大型の花を垂れ下げて次々に咲かせる。夜に芳香を放つ。沈床花壇にて見頃は11月上旬まで。

さるびあ 

サルビア スプレンデンス ‘ボン ファイアー’
Salvia splendens ‘Bon Fire’
シソ科
ブラジル原産の多年草。園芸上は一年草としてあつかわれる。本品種は鮮やかな緋色の花を咲かせる。晩生品種で性質が強く栽培しやすい。北山ワイルドガーデンにて見頃は11月上旬まで。

四季彩の丘では  

えれがんす 

サルビア エレガンス
 Salvia elegans
 シソ科
 葉にパイナップルを思わせる香りがあるためパイナップルセージとも呼ばれる。
 四季彩の丘にて、10月下旬まで見頃。

れうかんた  

サルビア レウカンタ
 Salvia leucantha
 シソ科
 メキシコから熱帯中央アメリカ原産。アメジストセージやメキシカンブッシュの名でも知られる。
 四季彩の丘にて、10月下旬まで見頃。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?