ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年7月21日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年7月21日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年7月21日(金曜)現在

 

観覧温室では

バッティスコムベイ

ツンベルギア バッティスコムベイ
Thunbergia battiscombei
キツネノマゴ科
熱帯アフリカ原産。花は濃青色で、中心部が黄色となる。
ジャングル室にて開花。見頃は8月上旬まで。

 

ロツンディフォリア

イトシャジン
Campanula rotundifolia
キキョウ科
ヨーロッパ~ロシア極東部原産。草丈20~30cm。薄紫色の1cmほどの花を多数咲かせる。。
高山植物室にて開花。見頃は8月中旬まで。
 

樹林地では

hiougi

ヒオウギ
Iris domestica
アヤメ科
祇園祭や天神祭では、床の間や軒先に飾る花として愛好される。植物生態園で。7月下旬まで。

 

oniyuri

オニユリ
Lilium lancifolium
ユリ科
葉の付け根に珠芽(むかご)をつける。植物生態園で。7月下旬まで。

 花壇では

hagei

ハゲイトウ ‘猩々’
Amaranthus tricolor ‘Shoujyou’
ヒユ科
野生種は熱帯アジア原産。草丈は2mを越え、成熟すると茎頂から鮮やかに色づく。ワイルドガーデン、植物園会館前にて見頃は8月上旬まで。

 

himawa

ヒマワリ ‘ロシア’
Helianthus annuus ‘Russia’
キク科
野生種は北アメリカ原産。本品種は草丈3mを越え、花の大きさも約30㎝になる巨大輪咲きで、洋風庭園東側にて群植している。見頃は8月上旬まで。

四季彩の丘では  

ekina

エキナケア
Echinacea purpurea
キク科
ルドベキアに似た花を咲かせる。花の中心部が球状に盛り上がり、その周りの長い花弁が放射状に広がる。
四季彩の丘にて8月上旬まで見頃。 

higo

ヒゴタイ
Echinops setifer
キク科
瑠璃色の小さな筒状の花が集まり、ボールのような花を咲かせる。日本が大陸と地続きだったころから分布していたとされている。
四季彩の丘東側「絶滅危惧種園」にて8月上旬まで見頃。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?