ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立植物園 > オススメ情報平成29年9月8日現在

ここから本文です。

オススメ情報平成29年9月8日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!

 

 平成29年9月8日(金曜)現在

 

観覧温室では

migoro170908
ドラクラ属
Dracula
ラン科
コロンビア~エクアドル原産。着生植物で、花は垂れ下がって下向きに開くものが多い。花全体が動物の顔っぽく見えるものがある。 冷房室にて9月下旬まで展示。

 

migoro170908

ヘリコニア マリエ
Heliconia mariae
オウムバナ科
コスタリカ~ペルー原産。英名ではビーフステーキヘリコニア。種名の「maliae」のmaliには〝悪〟 という意味がある。ジャングル室にて開花。見頃は10月中旬まで。

 

 

樹林地では

migoro170908

ユキミバナ
Strobilanthes wakasana
キツネノマゴ科
スズムシバナの近縁で、1993年に新種登録された。 植物生態園で。9月中旬まで。

 

migoro170908

ワレモコウ
Sanguisorba officinalis
バラ科
根は生薬として利用される。秋の十五夜の月見に飾られる。植物生態園で。9月中旬まで。

 

 

 花壇では

migoro170908

パパイア
Carica papaya cv.
パパイヤ科
熱帯アメリカ原産。花は幹に直接咲かせる幹生花(かんせいか)。開花後は結実し、最大でラグビーボール程の大きさになる。観覧温室前、沈床花壇、ワイルドガーデンにて見頃は10月下旬まで。

 

migoro170908

ベゴニア センパフローレンス ‘セネター ローズ バイカラー’
Begonia × semperflorens ‘Senator Rose Bicolour’
シュウカイドウ科
ブラジル原産の野生種をもとに作出された交配種。本品種はフロロセレクト(Fleuroselect:欧州花き種苗審査会)の受賞品種。四季咲き性で次々と開花する。沈床花壇にて見頃は10月中旬まで。

 

四季彩の丘では  

migoro170908

アザレアツバキ
Camellia changii
ツバキ科
中国原産のツバキ属の原種。つやのある楕円形の葉をしており、真夏に咲くツバキとして知られている。
四季彩の丘にて9月上旬まで

 

migoro170908

モミジアオイ
Hibiscus coccineus
アオイ科
北アメリカ東南部の湿地を原産とする植物で、紅蜀癸(コウショッキ)とも呼ばれている。
四季彩りの丘、北山広場にて9月上旬まで見頃。

 

 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 植物園

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-701-0141

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?