ここから本文です。

オススメ情報平成31年2月15日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
平成31年2月15日(金曜)現在

観覧温室では


フトモモ
Syzygium jambos
フトモモ科
熱帯アジア原産。花には芳香があり、白色から緑白色で多数の雄しべが目立つ。
有用作物室にて開花。見頃は2月下旬まで。

コダカラベンケイ
Bryophyllum daigremontianum
ベンケイソウ科
マダガスカル原産。鋸歯の先に不定芽をつけ、それが落ちて繁殖する。
砂漠サバンナ室にて開花。見頃は2月下旬まで。

樹林地では


セツブンソウ
Eranthis pinnatifida
キンポウゲ科
日本固有種で、節分の頃開花するためこの名がついた。植物生態園で2月下旬まで。

 
サクラ '寒桜'
Cerasus x kanzakura 'Praecox'
バラ科
カンヒザクラとヤマザクラの雑種。サクラ品種のなかで最も早咲き。盆栽展示場で2月下旬まで。

花壇では


ヘレボルス オリエンタリス
Helleborus orientalis
キンポウゲ科
ギリシア、トルコ原産。英名は「レンテンローズ」。花は咲き始めがクリーム色で、徐々に褐色を帯びてくる。北山広場の噴水横にて見頃は3月下旬まで。

 
チューリップ
Tulipa cv.
ユリ科
野生種は地中海沿岸から中央アジアにかけて分布する。春を代表する球根植物。
早春の草花展会場にて3月10日まで約10品種を展示。

四季彩の丘では

カブ(園芸品種)
Brassica rapa cv.
アブラナ科
ヨーロッパ原産の一年草または二年草(原種)。植物園では京野菜として有名な‘聖護院
カブ’や、‘四季まき小カブ’を栽培している。四季彩の丘にて見頃は3月上旬まで。

シクラメン コウム
Cyclamen coum
サクラソウ科
地中海沿岸付近を原産とする球根植物。冬から早春に開花し、桃~深紅色、白色などの
花色があり、花弁の基部に紫色の斑が入る。四季彩の丘にて見頃は3月上旬まで。
(注※写真は花弁の縁に霜が付着した状態)

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?